« 憧れにさよならを | トップページ | わたしの世界が終わった日 »

妻らしいY(やっぱり)M(前から)C(知ってた)A(アティテュード)

そしてわたしは結婚不振でなく

結婚式不振になった。


はじまりは彼の結婚式の3ヵ月前ほどのライブ


妻の彼女はほんのり酔っ払っていて、

3ヵ月後に控える結婚式に対する彼の不甲斐なさを

あれこれわたしに愚痴ってきた。


挙句、既に籍を入れてる私達夫婦も

式をやればいいじゃないかと

お似合いだから見てみたいと。

無邪気に話す。


わたしはその感じに、ああそうか。

これから、お互い夫婦

仲良くなってゆけるのかなあと浅はかな夢を見ていた




そして、また愚痴へと戻るので、


わたしは冗談のつもりで

呼ばれるかわからないですけど

頑張れのようなことを話したと思うのだが、


その瞬間の彼女の顔が険しくなっていく恐怖を

わたしは忘れません。


そして、彼女は無言になりわたしのもとを離れ

彼のもとへ



小さな嫌な予感がわたしにこびりついた


続く。


|

« 憧れにさよならを | トップページ | わたしの世界が終わった日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512079/65959241

この記事へのトラックバック一覧です: 妻らしいY(やっぱり)M(前から)C(知ってた)A(アティテュード):

« 憧れにさよならを | トップページ | わたしの世界が終わった日 »