« 2016年9月 | トップページ | 2017年11月 »

2017年10月

カオナシ

もちろん、わたしの怒りが肥大化してないか

それは我儘でないか


彼に向かう前に

旦那以外にも

彼のことをもっともよく知ってるだろうと思う人物に

聞いた

  
わたしたちのそれまでの付き合いで

結婚式の招待についての話が

事前に一切ないのはおかしくないかと

そうしたら

それはおかしいと


彼の口から説明されるべきであると言ってくれた。

  
  


すまないがこの話は当分続くかもしれない


わたしの人生の三分の一ぐらい占めていたものが

無くなったのである


彼のよく歌うし、現れる阿佐ヶ谷にはもう行けない

それで会えなくなる人が沢山いるが

見れないライブが聴けない歌が沢山あるのは

とても悲しいが


わたしをカオナシのように見下していた人には

もう会いたくない。


わたしは旦那の名前しかない招待状を見たとき

未来に突き飛ばされたと

もう終わったとそう思ったし、その通りになった。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

わたしの世界が終わった日

嫌な予感は当たった


そして旦那にだけ宛てられた
結婚招待状にわたしは泣き

旦那はわたしが行かないなら行かないと
はじめは言ってくれた。

そして彼にメールもしてくれた。

わたしもメールした。

しかしやりとりの
意味がわからない


2人に来てもらいたいのはやまやまですが
今回は
2次回にやりたいのがほんとの自分の
やりたいことだから2次会に来てくれと

旦那には、ややこしくなるから言わなかったけど
(既婚者は)演奏する奥さんしか呼んでない。
それじゃ駄目かと



何で一言も前に言ってくれないのかと
問うたら

すいません。飛んでました。

と。


個人でも馬鹿にされたし
わたしたちは夫婦だってのに
それも馬鹿にしてるなとしか思えなかった。

もう前からわかってたのに、
言わなければ、なんとかなると思われたのが
1番腹立たしいし。

2人に来て欲しいのがやまやまなら

やまやまのところの誠意がまるで見えないし、

1番やりたいことはと言われても

1番やりたくないことのために
旦那は演奏させられるのかと思うし、

旦那の演奏が1番みたいに
決まってるだろ。



そしてわたしは、演奏できない妻と呼ばれた。

わたしは10年以上も応援した
彼の中で

名前もなかった。


もうすべてが崩れていくようだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

妻らしいY(やっぱり)M(前から)C(知ってた)A(アティテュード)

そしてわたしは結婚不振でなく

結婚式不振になった。


はじまりは彼の結婚式の3ヵ月前ほどのライブ


妻の彼女はほんのり酔っ払っていて、

3ヵ月後に控える結婚式に対する彼の不甲斐なさを

あれこれわたしに愚痴ってきた。


挙句、既に籍を入れてる私達夫婦も

式をやればいいじゃないかと

お似合いだから見てみたいと。

無邪気に話す。


わたしはその感じに、ああそうか。

これから、お互い夫婦

仲良くなってゆけるのかなあと浅はかな夢を見ていた




そして、また愚痴へと戻るので、


わたしは冗談のつもりで

呼ばれるかわからないですけど

頑張れのようなことを話したと思うのだが、


その瞬間の彼女の顔が険しくなっていく恐怖を

わたしは忘れません。


そして、彼女は無言になりわたしのもとを離れ

彼のもとへ



小さな嫌な予感がわたしにこびりついた


続く。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

憧れにさよならを

お久しぶりですね!

まちるだだよー。この名前久々ねー!

お元気でしょうか??


わたしは会社はかわってないけど

場所がかわって土日が休みになったし

近くもなったので

時間の余裕が少しできてきて感動です。

うれしいのだよ~!!!

  

  


旦那とも仲良くやっております。


ただ結婚の時期に悲しい出来事がひとつ

わたしはそれをずっと引きづったままで

ずっとぐるぐるしてました。


 
十何年も歌が好きで

応援してた人に

(音楽の)プレイヤーでなければ友達でもないと

言う扱いを

言われたと言うか

行動で受けたというか


わたしはそれで、粉々になって

泣きに泣きまくって
  
  


簡単に説明すれば

小さな子供が

サンタさんはこの世にいないとわかった

さびしさのような

信じていたものが

なくなった気持ちでずっと

消化できずにいた。

   
  


そして

わたしはもう誰も応援したくないし

  
他人に憧れすぎるのも応援しすぎるのもやめて

その分、自分を育てようとおもった。

  
  

まだまだ、消化できない。

消化できないけど。

それがわたしが前に出る

力になればと思ってる。


そんなこんなでちょっと気持ちに余裕が出来てきたし

ツイッターはこわいので

またここで、たまにおしゃべりしようと思います。


よろぴん


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年9月 | トップページ | 2017年11月 »