« 2016年6月 | トップページ | 2017年10月 »

2016年9月

また一段

新しい場所へ乗り込む時は不安。

でもそーゆーときはいつも

1人でもわたしは大丈夫と

言い聞かせていく。

それは、学校の新学期だったり

新しいバイト、

新しい職場

小さい頃からずっと変わらない。


実際、そんな孤独だったりしたことは

喜ぶべきことにない人生なんですが、

何故かはじめは

新しいお友達つくるぞ!

とかどんな出会いが?ではなく

ひとりでも、ちゃんとやることを

やれれば大丈夫と

決意をして飛び込むことにしている。


そんなこんなで、

ライブー、新しい学内発表会みたいな

でも、ボーカルスクールより全然楽しいし

え。みんな歌うめ~。

ギターとピアノ弾き語りが主なんですが

歌うまい人多い…

そして曲つくりもサポートしてくれる

コースもあるので

オリジナルも聞ける。


やっぱり前より、学校外でやってる人、やりたい人が

いるから見ていて楽しいし刺激になる。


驚きなのは先生。

それを全部サポートして、ほんと出ずっぱりで

サポートして、ギターとピアノとハモを

ずっとやってるし

さらにオリジナルのアレンジまでやって

ってか結構先生つくってるっしょって


発表会とか、誰が1番すげーって

やっぱ先生すげー。と

生徒みんなのスコアが入った分厚いファイルを

みながら思うし

支える人が上手いと

主役が少し転び転びでもってのを

ほんとに理解した。

んで、やっぱりピアノが
曲にはまるピアノってかすごいなあと

習いたいことが沢山あって
これから楽しみだにょん。



そう。わたしは元気なの!燃えているの!
わたしは!

心配なのは彼氏の仕事!
大丈夫かな~。毎日憂鬱そうで心配だらけ。
毎晩、俺、これからどうしたらのお話。


ねえ?まだ激動?神様?まだ激動?


| | コメント (0) | トラックバック (0)

朝が来るまで

出れるか?
出れないか?

さて二人暮らしに保留にされてしまった
弾き語り教室ですが、

よいこらせと戻って
習いはじめたら
もー楽しい!!
な、なんでもっと早くこうしなかった?

と思ふ。


なんか教室内発表会みたいなのあって
すぐ1曲発表するんだ!
今度弾くんだ!
先生がギター合わせてくれるし
簡単な曲を選んだ
安心感もあり


やっぱり楽器弾けて歌えてって
こんな楽しいことはない!

でもわたしあんまちゃんと
完奏できたことないので
ドキドキですが。

今年はもう少ないから、
来年も1年ぐらい練習して

お外でも弾けるようになりてえなー!

ライブハウスの一段の高さは
わたしにはずっと塀に見えていた。
向こう側は、向こう側は、
楽しかろう。

見てるだけじゃやっぱり。

人生は短い。
長生きできても
しっかり身体が元気なのって
結局短い気がする。

頑張るべん。
夜明けには間に合うだろか?


えっ?じれったいって?
すいません。遅くて。

でも気持ちは変わってませんから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

思い出せ!

誰もおしえてくれないし

誰も決めてはくれないし

もう。あなた自身で動かしなさい。


自分で締めるとこ締めにゃあかんで

自分にも相手にもダラダラ許してたら垂れ流しや~




かなりお久しぶりです。

まちるだです。

元気か~??

二人暮らしをはじめだし、
はや一ヶ月以上です。


やっぱり生活習慣をすり合わせて行くのは
大変!なんてことはなく

意外とすぐまわりだしましたけど、

やっぱり、そろそろ

これでいいのか??とわたしは考える時期で

ちょっと見直しみたいな感じすかねー。

すかねー。

スカ!おちゃっちゃっちゃ!スカ!



相手は晩酌をして、もうのび太のように
こてっと寝てしまう生活がよかったみたいですが

いや、そうじゃねえだろ。


ってな感じで。ちょっと。うふ。

わたしがビール減らせや!
酒飲んで愚痴るだけで
てめえは楽しいのかよ!
やりたいことあるんじゃねえのか??

みたいな熱血な感じで。



そんな口悪くないけど。

またそれを自分にも言い聞かせてる



人生は短いのよ。

明日になれば夏の蝉も

1匹途絶えまた1匹途絶え。



わたしにとって今もこれから先も
大事なものは何か、

何のためにやってきたあれこれ。

これからどこへ行きたいか?

君は誰に会いたいか?

やっぱり手紙を届けたいか?


も、もう1度。

ゆっくり見つめましょうと思う夏の終わり。

少しだけコンプレックスの出口が

見えてきそうな気がしてきた。


これを取り返さなければ

わたしの人生ははじまらない。

思い出せ。取り戻せ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年6月 | トップページ | 2017年10月 »