« 越えない声 | トップページ | 大きな成り立ち »

男の友情

さて、別に友達の多くないわたしが

コミュニケーションとは

とか

バイトも悩みつまずきまくり色々やってきたわたしが

仕事とは

みたいなことをあれこれ説いてるわけです。

変なかんじ。


だけど、友達なんかいないよ。

とか

俺には出来ないよとか

何から考えればいいのかわからないよとか

そんなんばっかりなんで

まあ必死です。わたし。


でもライブハウスで女の子から

彼は全然話してくれなかったのに

今日は話してくれた!とか聞くと

お!素直!と感動したりするわけです。



あなたが心を開かないからだよと

伝えた甲斐があった~と

なんか不思議な喜びが!



ってこれは彼氏彼女の喜びかしら??と

悩んだりするけど

誰であろうが

他人に心を開くお手伝い出来てるなら

ま。いっか。と思います。



でも男の子は語らなくとも

共に何かをすれば

友情

みたいなイメージで羨ましかったのに

よくわからなくなりました。


むしろみんな孤独に見えてきたし

男って大変なんだなー。

って。



見る世界がかわってしまったよ。

わたしもまだまだ人生

出会う人によって

価値観もかわるのかしら。

|

« 越えない声 | トップページ | 大きな成り立ち »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512079/63295795

この記事へのトラックバック一覧です: 男の友情:

« 越えない声 | トップページ | 大きな成り立ち »