« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

2013年7月

ピーターパンのほしいもの

 
 
  


ああ

夜は咲き

汽笛は笑う

薔薇を喰らい

露を呑む

羽根はすり減り

水は震え

土にまどろみ

空を掴む

 
 
 


命は瞬き

命は瞬き
 
 


それは年をとるほどに眩しくて

 
 

記憶も思い出も約束も誓いも

ただただ燃料にかわって

淘汰されてゆく。
 
 
 


そうして深い皺の中に

眠れぬ夢を垣間見たのだ。

 
 


終わりじゃねえだろ。
まちるだです。
 
 

熱い女は伊達じゃない。
扇風機もエアコンも網戸もない部屋にいます。
 
 

いつまでもいつまでも
あなたは変わらずかわいいあなたのまま
 

なんてことが、あり得るのでしょうか 
 

そのほうが恐ろしいのよ。
 
 
 


わたしもあなたも年をとる

同じくらいのスピードで

そうであって欲しいのよ
 
 
 

ただ、一緒に毎日

年を重ねる
 
 


それだけがそれほどに

眩しいのだ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

わたしの海

寂しさに気がつきにくいタイプですよね。


なんて言われたことを思い出した。


なんか鈍いみたいじゃん。


でもね。鈍くて気がつかないでいられるならそのほうが幸せじゃないか。


ほら。この涙は


単なる


波。
 
 

満ちた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

不思議な力

YUKIちゃんが


呼び覚ませ 不思議な力~と歌っている。



不思議だなあとぼんやり昨日の出来事を


思い出す。


わたしは今でも喫茶店が好きだが


小さい頃はやっぱり


街の小さな家族経営の喫茶店の娘に生まれ


店の手伝いなどをして


と言うベタな憧れがあったのだが



わたしの好きなボーカルさんが


なんと、まあ、喫茶店の息子で


昨日、お店でのお誕生会にお呼ばれしたとです。



なんかほんとに


小さい頃の憧れに抱いていたような


お店でした。


働いているお父さん、お母さんもいい人で




パリから引き続き


ほんとにあるんだー!みたいな歓び。



もちろん誕生会もものすごい楽しかった。


ビールも料理も美味しかった。


ゲームしたり歌ったりも面白かった!!


しかも二次会のカラオケつきの居酒屋で


好きなボーカリスト二人に挟まれて


両脇で一緒に歌うたってるのを間で聞けて


なんて嬉しいの!



小さな憧れ達が姿を変えて


別の形で叶っていく


いや、叶えてもらってる。


わたしの願いごと達。



今までは断片的だった


憧れの糸がこの頃


妙に繋がってくんです。




その出来事たちは荒れ地に花が咲いていくようにも見える


全然わたしの力なんかじゃなくて


背中を押されるような「不思議な力」を感じずにはいられないこの頃の私。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

口ずけを交わす前に愛を騙ろう

口ずけを交わす前に愛を騙ろう

その魔力から逃れたい!?



逃れきれず

憧れ、焦がれて、迷って、転んで、疲れて、休んで

それでもまた

走り出す。

あの大きな大きな夕陽に向かって

ただ走り続ける

追いつかないことなんて

わかっていても

走らずにはいられない。




愛が愛を呼ぶ

詩が詩を呼ぶ

歌が歌を呼び

あなたがわたしを呼ぶ


そうして見えない輪は

つくられて。

そして輪はまた小さな輪を

つくりだす。





で、まちるだです。

で、YUKI ちゃんの新曲に

感動しちゃうわけです。

ええ。わかっています。

世の男性達より

YUKI ちゃんとか

言ってるからいけないんだと。



でもね。

一番カッコいいんですよ。



どうして逃れられようか!!

惚れ惚れするわ!!



自由になれなくても

その魔力から逃れたくない

| | コメント (0) | トラックバック (0)

グッドモーニング・サマー様

グッドモーニング・サマー様


あれ?どっちだろう?

わたしのハートを貫いていったのは

いったい。

どこに向かっているのよう。


まちるだす。

寝ぼすけているのもわたしです。

旅行後、すぐ次の場所でお勤めなので。

もう。夏休みは終わり新学期みたいな感じになっていて、



夏休みー!とか

花火ー!とか祭りー!とか聞くと


ああ!?これから!?


と。ものすごい

時差ぼけを起こしてるもようです。




だって

20代最後の夏だよ。


よかったよ。まだ終わってなくて。


よかったよ。


まだそこに居てくれて。


よかった。





目覚めた時。

みんないた。


そんなのが幸せ。




グッド・モーニング

明けたよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

憧れの地へ


Parieffel1_3


さてさて


YUKI教と安室教の

川崎ジェンヌが2人で

パリまでひとっとび!!




ボンジュール。まちるだです。



ただいま。ジャパン。




昨日帰ってきたけれど


なんだか今日はもうボー然としてしまう。

あれはなんだった?ぐらいの感じである。




歩き回って
歩き回って
疲れて眠り
また起きて
歩き回って
歩き回って
怒涛でした。



何だろう。まだ整理しきれないけれど



パリ。



あったらいーながあった。

嘘じゃなかった。



こう小さな宝箱にコレクションしていた世界が

そのまんま出てきたような。




ほんとにそれ。それアルよ。




それは陽だまりでした。




心地よい昼間の光と朝夜の冷たい空気


端々に装飾のある古びた建物


窓辺に飾られた赤いゼラニウム


曲がり角や通り沿いごとのカフェ


セーヌ川の反射


川沿いに並べられている絵画


噴水の周りのベンチでくつろぐ人


広大な広間に飾られている


信じられない量の美術品


たくさんの人種が行き交う地下鉄


突然鳴りだすクラリネットやバイオリン


夜には一気にひとっこのいなくなる街




どことなく懐かしい感じがどこでも漂っていて。




これがそれを作り出すのかってか

これがそれなんだ。



生きててよかった。


行ってよかった。



メルシー!!




 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

色々ある日

色々ある日

もう今日だ!!

ジャパン!納豆!!

母の誕生日!

そして行ってきます。フランス。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Kumattana

Kumattana

いいなあ…。くま。


熱さに頭がやられてしまったようだ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

愛しの七夕ベア

愛しの七夕ベア


ふう。やれやれだぜ。

咲いたと思ったら
枯れなきゃいけない薔薇だった。


水をあげられないよ。


今日もらった小さなテディベア。

よりにもよって。

やっぱ似てるよ。
くまさんに。


今日は七夕。


叶うなら

この子みたく

わたしだけの

テディベアになってくれませんか。


この子は旅行に連れてこう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

じもてぃ

じもてぃ

OH!Super !!

OH!スーパー!!

  
  


スーパーまちるだ。

近所のスーパーで

小学校の時のクラスメートに遭遇。

 
  


立ち話なんだけど、

スラスラーと

他のクラスメートが、

どのあたりにいるとか

結婚してるとか

教えてくれて、
  
  


みんな意外と近くにいるらしい。


  
  

会わないのが不思議だねと


言いあった。

  
  

またこれも不思議なもんで、

近くにいると聞くと

会うだろうと言う気がしてくる。

  
 


なんか、印のなかった地図に

過去と言う☆マークが

浮かび上がってきたみたい。

  
  


そして地元と言う安心感が出てきた。
  


わたしが人と連絡をとらなすぎるのが問題なんだが。

  


こう過去の友達に

突然会うと

ぐるっとダイアルを

まわすみたいに

未来側にも出てくる。

  
  

その回転が


縁とか鎖みたいに


見えてくるのだろう。

  
  

ここは祖母と祖父の


フィールドの中であり


母のフィールドの中であり


また、わたしのフィールドでも


あるんだと。

  
  

振り返りながらきた道と感じるより


振り返らなかったけど


道通ってわたしも歩いてたんだと


ふと思わされた。

 
  

つまりわたしはあまり時の流れを感じずにいかにぼけっと歩いているか知らされたわけで。


  
  

オー!!スーパー!!

  
  
  

いつも通りに行くだけだ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

オープニング・アクト

はじまりの前に


6月が鮮やかな青ならば

7月は薄いピンクかなあ


あくまでわたしのイメージの話

  

  

まだ疑ってるの!?


裏も表も真ん中もまちるだです。


  

   

なんかむずむずするね。


後半がスタートするのか


3rdステージに入るのか


30番目のドアが開くのか


わからないが、


また長い物語がはじまるような


本だけ前に置かれて


まだ読んじゃ駄目って言われてるような


テストがはじまる時刻を


紙をひっくり返して待ってるような


緊張感も漂っているような


むずむずするね。


   

  


少しこわいね。


   

    

でも透けて見えているわけではないけど、


きっとそれは


一人では解き明かせないんだろ


    

    

まだ交差する。


過去の映像未来の想像


すごいはやさで行ったり来たり


チカチカ。チカチカ。


その瞬きに目が慣れたら

  

今必要なものが見える


    


    

    

    


     


    

蚊取り線香かも。


さっきから目の前を


飛び回るやつが。


    

    


むずむずするね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

乾く間もなし

乾く間もなし

ちゃは!!

まちるだ!!

  
  


もう明日は別の面接なり。

考えていたより

すべてがスピーディー。


  
 

なんちゅうか。

あっちゅーま。

頭がダバダバしちゃいます。


新しいスーツケースを

買おうかどうしようか迷っていな
がら

スーツのスカートだけなくて右往左往。

  

   

言葉にするのが追いつかない。


待っていてもくれない。


こぼれおちてしまったものたちが


集まって砂漠化しそうだ。

  

   


わたしはいつか


そこに埋もれるのかしら

   

馬鹿にした人たちを


化かしてやりたい。

   


バカもバラもわたしは好きです。


   

  


水に流して。


水がない。


そりゃ無理だ。


じとじと行きますよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »