« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

2013年4月

あいこん

あいこん


何故だろう


気になった。


視界の端に


映るそれ



そしたら


捕まえるまで追い続けろ


でも


たまには背中を


向けてみる


しらんぷりしてると


また視界の端に


そいつは戻ってくる。



まちるだです。


追いかけっこも


時間も距離も


だんだん大きくなってくね。



気になって伸ばした


手の先が


どの時代の誰と


繋がっているのか


知らず知らず


追いかけっこの


規模は大きくなっていく



うん。


走っている。


あなたもわたしも


走っている。


集約されてゆくような


広がってゆくような


そんなスピードで。



心の片隅の確信のもと


動かされて


確かめる術などないけれど


何かと聞かれたら


わたしはそれは


愛だと答える



つーわけで


6月


愛するYUKIちゃんの曲を


ステージで


一曲歌えるのよ!!


まあカラオケのようなもんだが


一曲入愛魂


します。


うれし楽しみーーー!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

渇望する土

渇望する土


こいつはどーだ!?


結婚しちゃえよ

もう。そんな会話に

うんざりじゃりじゃりです。


また点火か喧嘩に


発展したらどーするよ


もうびくびく。


まちるだです。

 

休日って素晴らしい


昨日は


静かな美術館にエスケープ!!


東京富士美術館って
行ってみたけど


いい絵がいっぱいあった


 

一枚一枚


近ずいたり、離れたり


振り向いてみたり


椅子につまずいてみたり


全然人がおらず


自分の靴音しか響かない空間。


ほんとに本や写真で見るのとは


全然違う


実際見る、絵一枚の


持つ迫力


こっちが圧倒されるし


一瞬間を捉えるために


どれだけの年月を


重ねたかわからないが


時間の重みも


のしかかって


封じ込められて


大きな力を持って


無言の言葉を一心に発している。


その年代や場所が違うものが


一枚一枚並ぶわけだから


美術館はほんとに


異世界


静かだけれど


静かじゃない


命を持った生き物が


息を潜めて待っているかの


気配があるのです。

 


絵に食われるみたいな歌が


あったと思うけど、


ほんとに夜中とか歩いたら


食われて閉じ込められそうな


気がするよ。

 


こう迫力のある


ロココの素敵な女性の絵も


好きだったけど


でっかい絵で


森の中の小路で


人が休んで食事した後の酒瓶やらフルーツやらパンやら

が描かれてる


森の休憩って絵にとにかく魅かれて


ポストカードとか


図録だとあんまよくないので


写真も撮らないが


ああ。わたし疲れてるんだと


なんかすごい実感してしまった。


その森の穏やかな雰囲気のなかに


今すぐにでも入りたい。


と芯から思ってしまった。

 

人間らしいって何かしら。


会社の一人一人悪い人でなくてもあの、無言の冷たさが嫌い。


品川のほうがもっと性質が悪かった。


わたしの中の警報が


鳴りっぱなし


 

人間らしいって何かしら。


わたしらしいって何かしら。


わたしの焦点は。


結婚でもない。

仕事でもない。

一番の焦点は。

わたしの水は

わたしの土は

わたしの空は

わたしの太陽


曇らせたくないなら


今ひとたび考えなければ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

左利きの魔女

左利きの魔女

ぐぐっとイブニング。

まちるだです。

右肩痛い。
右肩下がりです。


とゆーわけで
女も30から運動第4段


目指せ両利き!!


左手をもっとつかえるようにしたい。
第一の理由は右手右肩の疲労が
大きいから。

まーでも考えてみれば、
日常動作のほとんど右だけだよなって今まで違和感ないのが、
おかしいくらいかもしれない。


んで、
わたし記憶にないけど
小さい時、
右利きに矯正された組らしいし。

最近会う人に左利きが
多くて
不思議としょっちゅう見てたら
頭にイメージがついて
自分もつかいたくなってきた。


なんでちょこっと
ご飯左手で食べたり、
食器左で洗ったりしてる。


 

わたしのからだ
わたしのこころ

やっとこさと
目覚めてくのさ
お寝坊さん
おはようと
笑いながら。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

Dance with me

ど・ど・どーなっちゃうの。


まちるだです。


体ばきばき。


金曜の夜は

母と父の結婚35周年のパーチーだった。

披露宴をやっていない二人の披露宴のかわりのようなもの


月曜の夜にプログラムつくってと言われ。


仕事で疲れてるので

あんまり長時間できないなと

ワードでペラを

超簡単につくったのはいいけど、

台紙に張りたかったので

地道にカッターで

切って貼ってを繰り返し。

60ぐらいつくった。

しかも机とかないので

廊下に這いつくばって夜中にやっていて。

体が痛くなった。


当日は仕事が終わった後行ったので、
ほとんど見てないけど。


母とカラオケ一曲
ザ・ピーナッツ「ふりむかないで」
歌ってきた。


んで、二人は社交ダンスを数年前から

習っているので


二人のワルツを見たりした。


まだピヨピヨ年数なので
うまくはないけど
いいもんですね。


くやしくなんかないさ!

いいなあ・・・・・。

お客さんも楽しそうだった。

花束もいっぱいだった。


ちなみに今朝の新聞に天皇皇后両陛下の
ダンスの写真が。


すごい素敵な写真。

ちなみにうちの両親と結婚記念日が同じ。


綺麗ごとを綺麗ごとで保つのは

至難の業だよな。


でも所詮、綺麗ごとだよって

言っちゃうほど擦れたくない。


綺麗ごとって言うからには

それは貴方にも

輝いて見えるんでしょ。やっぱ。




わたしはわたしの


綺麗ごと を 追い続けていたい。




一緒に踊ってくれる旦那様を探すのだ!!

Cocolog_oekaki_2013_04_13_22_29


歌が歌いたくて

カラオケに行きたくて

おひとり様を断られる休日。

お一人様に権利はねーのかよ。

ひとりだって歌うわ。ばか。




なんてね。言っちゃいけないわ。

綺麗ごと。きれいごと。


一人だって踊れるだろ。



脳ミソの中はあなたと一緒。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

もの思えぬまち

もの思えぬまち


太宰のもの思う葦

読み途中

僕は覚悟している。
僕の芸術はおもちゃの持つ美しさと寸分異るところがないということを。
あのでんでん太鼓の美しさと。


なんて書いてあるよ。

でんでん太鼓と
同じ美しさって
レベル高いわー。


大師で見つけて
こんな素晴らしいおもちゃあるのかと
音のよさに感動して
買った。

時々、
ぼーっと
音を鳴らして聞いている。

あと5日ぐらい
眠り続けたい。


連れてって。


もの思わなくていい。


でんでん太鼓を鳴らしていたい。


美しいおもちゃでありたい。


作品は作品。


君は君。


暴いてもそれは
美しい夢だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

はじまりはいつも嵐

はじまりはいつも嵐

ど・ど・怒涛の一週間が終わり

休日の幸せ

仕事も嵐もピークは過ぎた

と思いたい。

昨日の朝はもう起き上がりたくない。ぐらいだるかったが

このまま寝ても、次の一週間持たねえ!!と這い上がり マッサージへ。

体もがちがち。 心もがちがち。

正直もういやだ。

まあ、でも

いつもはじまりはどしゃ降り

ぐらいに思っていたほうが

後が気楽になるかしら

ふらふら歩いてたら

街角でストーンズの曲が。

おっいいねえ〜と

こりゃどんなバンドやってるのかと珍しく立ちどまれば

知り合い。

そんなレイニーデイ。

勝手にはじまって

どうにかならなくても

終わりもしない。

肝心なことは

だいたい選べない。

空の向こうから

やってくるだけ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

めだか4匹


おなか痛いし寒いし


せっかくの休みを


寝てばかりいた。


まちるだです。

なぜか家の前の鉢の中に


母が一匹だけめだかを


入れていた。


さすがに一匹じゃ


かわいそう。


わたしが三匹めだかを入れた。


共食いとかしないで

みんなで

仲よく

おゆうぎしててほしい

やっぱり

一匹でよかったなんて

思わせないでくれ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »