« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月

煙の羽根

はい!!次!!


うかうかしてないで羽化してまちるだ!!

女も30から運動。第三段。


これ大変。


でも前から少し考えていた。

禁煙。

お気に入りのハイライトが

ある日、吸えなくなってしまってから

色々吸っても

なにか合う気がせず、

タバコを転々吸っていて、

たまに吸ってることが

ストレスみたいなときも

たまにあるので、

チャレンジするのもよかろかな。


口に出してみないと
自分にも本気とわからない願いごとも
あるだろう


でも。明日からね!


羽化したところで煙の羽根かも

| | コメント (0) | トラックバック (0)

涙のバニーガール

涙のバニーガール

つかみそこねた
涙で赤い目のバニーちゃん

まちるだです。


第一段すでに挫折。
朝4半に起きてコンタクト!!

と思って
鏡を見たら
目がうっすら赤い…


右目が少しコロコロ感


こりゃヤバいと
コンタクト装着断念…


予想の範囲だけど、
あまりの短さに
涙ぐんだ目はさらに赤くなった。


一日の夢でした。


また眼科行ってしっかり
見てもらお。


一週間に一回ぐらい
なんとかならんかなと思う。


眼鏡の縁を視界に入れない日が
欲しい!!

軽く軽く
跳び跳ねたい。


くじけないで
第三段を考えよう。


赤い目閉じて
耳をすませて
アイディアの尻尾を探せ


素直になりたいだけなのに
背中を押すものが
いくつ必要なのかしら

| | コメント (2) | トラックバック (0)

へ~んしん!!

へ~んしん!!まちるだです。

女も30から運動。
第二段。


コンタクトつけて
髪の毛染めに行く。


50からぐらいで、
染めればと思ってたので
大分早い。

少し赤茶っぽくなった
美容院のおじさまに
イエローを入れると言われたのに
何故赤っぽく
なるのでしょう!?


劇的ではないが新鮮。
こんちは。
わたし。


前日、変な夢を見た。

高校の頃の友達と
料理を作って食べる。
パスタ焦がしたり
小松菜にはナントカが含まれてるって教えてもらったり
よくわかんないけど、
ひたすら笑った食事タイム

食べ終わって階段に出れば
高校時代のバイトの友達が
ケーキとキャンドルを
持って
さあ行くよ。
みたいなかんじで、
キャンドルを渡される。

道に出ると
今度は大学の友達に会う
わたしは、渡されたキャンドルを
つけようとして、
キャンドルを折る

どうしようと言っていると
ゴミ捨てばにツナ缶
これに火を灯すことに

現実にはおかしいけど、
まあそれは夢だからと
夢の中で納得して

その瞬間振り向いたら
もう友達は並び
広くカーブしている
道路の両端には
ツナ缶やネコ缶の
キャンドルが綺麗に
並べられていた

誕生日の主役はカーブの向こう側から
来るらしく
まだ見えない


小雨が降ってきて
傘を先輩がさしていた。
わたしもあき缶を
探そうとしたら
小学校の頃の友達と
目があって、

そこで目が覚めた。
目が覚めた瞬間
その子のフルネームを
思い出した。

しかし、あの誕生日の
あき缶ロードを
通ってくる主役は
誰だったのだろうか。
それともわたしの
来た道だったのだろうか。


Happy birthday birthday

| | コメント (0) | トラックバック (0)

花より花らしく

花より花らしく

まちるだです。


なんか抜けた。


女も30から運動。
第一段。


長々めがねっこでしたが
コンタクトを久々につくったよ。


まだ届かないけど

まあ試すためにつけたのが、 全然つけられなくて 大変で大変で

無理かもしれんが
とりあえずやってみようと
思います。


眼鏡越しの空から
脱け出したくて

まず目から
脱ぎます。


瞳と瞳で通じあうため


わたしはまだまだ

自分の開き方を知ってはいない

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コンダクター

春夏秋冬

君と一緒


お手て繋いで

君と一緒


いい加減慣れろ


その心の不調子にもリズムがある

いいことに波がありゃ

悪いことにも波がある


いつもより

ひとつ大きなスパンで

物事を見ろ。


ほら、見たことか!!


まちるだです。

Cocolog_oekaki_2013_01_17_00_13


理屈は理屈


心は混濁たー。


でもだいたいやられるのは、この時期。


操れたらいいんだけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

寄り添うように


寄り添うように


寄り添うように


2013、1月14日

大雪。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

猿でもいーから



それはなんだいシーモンキー?


はーい!

知能猿並み

脳ミソ溶けてる

と上司に馬鹿にされてばかりの

まちるだです。


昔、猿にはなりたくないと

書いたことがありました。が

もう猿でもかまわない。


ふと、また昔の文章を見てみると

テンポが早くて、

まあよくわかんないけど勢いは

確かにあってネタもあって

ウサギが跳ねてるみたいで

わたしが書いたの!?これ?

舌噛みそうと思うぐらいに

やっぱ変わってるんだと

良くも悪くも。



何に感心するって

素直だな。



もう、いつからか

最近の自分のパターンに

はまってるわたしに

抜けられないわたしに

気がつきはじめていたけれど、

勿論、それも素直だけれど、

こう作りだそうとしている

雰囲気が固まりすぎて

制約がたくさんできて

しまった気がする。




文だけじゃなくて

生活もなんか

全体的にそんなかんじで。




それはそれでいーんだけど、

ここまではここまでで、

固執したのはいーんだけど、

なんか最近ちょっとそれに飽きたし

どうも疲れが見える



あんた、そんないー子じゃなくない?

みたいな。

別に元ヤンみたいな雰囲気に

ならないでもいいんだけどね。


綺麗な言葉ばっか

探さなくてもさあ

いっぱい落ちてるよ

みたいなさあ。

全部洗ってしまうと

逆に耐性なくして危険!!

みたいなさあ。




だから真面目さってのは

他人の受け入れ口が広いから

掲げるのはそう苦にはならなくても

降ろすのが大変だって

ほんとは大変じゃないんだけど

降ろしにくいんだよね。



だったらいっそ

猿でもいーんじゃないかしら



Cocolog_oekaki_2013_01_11_22_11

きっと寒くて寒くて


体も心もきちんと着る


に慣れてしまった。




脱げ!猿に!


そんなんが今年のテーマかしら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

魚の居場所


光が遊ぶようにユラユラと

反射する水の中

泳ぎまわるいっぴきの銀の魚



向こう側に揺らめくは

何層にも重なった

セロファンに映る

君の笑顔の記憶



それは自由に泳ぐもの

決して捕まえてはいけない


その悲しみは自由に泳ぐもの

決して抱きしめてはいけない



その海は僕らだけの海じゃない。

ねえ。そうだろう。



わたしはと言えば

気が付けばまた冷たく狭い檻の中

ひんやりと床の固さが沁みてくる


どうしてまた?


また黒く硬い鉄の棒の中から

外を見てる


わたしはこれをつくるのが得意らしい


そう。自分で自分を閉じ込める癖が

いくつになってもなかなか治らない


自分でつくっては

誰が閉じ込めたと文句を言う


不思議だね

はじめからあるわけじゃないんだ


檻なんて嫌だと

出たつもりでいると

気が付くとわたしは中に入っている。


安全と安心を求め

動きが鈍くなり

外に出るのも

来るものもやがて拒みだす


これで幾つめの檻になるだろう



Cocolog_oekaki_2013_01_10_22_08



どこにも出られない


隠された海

隠したのはわたし


あの魚だけは捕まえてはいけない。



檻の中にいたって

いつも頭の中を自由に泳いでいる

あの魚だけが

隠された海までの行き方を知っている




あの魚を捕まえてはいけない。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

迎えに来て、春。



年が明けてから


なんだかまた少し気持ちが軽くなったような


呪いがまたひとつ溶けたようなそんな足どり



ピンクのチューリップ

白いスイートピー

オレンジのガーベラ


を買って部屋の隅に飾った。



母にあんたが花を買うなんて珍しいこともあるもんね


と言われた。




何にもしていなくても


頭の中では踊りだしている


わたしが見えて


ふふっと笑い出してしまいそうな




耳元で囁かれているのだ


もういいかい?


もういいんじゃない?


だんだんと



大きな声で

聞こえてくるのよ



もう開けないと決めた


閉じ込めた宝石箱の


隙間から光りが漏れ出している



えっもしや煮えた?


黄金のスープできてる?




Cocolog_oekaki_2013_01_06_11_56

終わらせるためじゃない


もっと


たくさんのものを飲み込んで


ひとまわり優しく楽しい時間を


はじめるためだ



ゆっくりと大きな円を描きだしていることに


気が付いて



ねえ。

迎えに来て、春よ。



少し伸びた背筋で


長い首を隠して待っているから




迎えに来て



今度は抱きしめるから



| | コメント (2) | トラックバック (0)

みーちゃん


いなーい・いなーい


ばあああああああああ。


見えた!?みーちゃん!!




まちるだ現る2013


もうすぐ喪もあける。


世も明ける。


ワタクシゴトですが明日からもうシゴトです。


本年も宜しくお願いします。




Cocolog_oekaki_2013_01_02_22_41



みーちゃん!!みーちゃん!!



従妹の一番末っ子のお子様がみーちゃんみーちゃんと


呼ばれていてかわいかった。


今年はみーちゃん年ですよ。


末っ子パワーすげえっす。


末広がりになるといーね。


わたしもよく会う従妹たちの中で一番末っ子でした。


だからかその子を見てると自分のちっちゃい頃を


ちょっと思い出した。


広げたいね。


みーちゃん。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »