« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月

NO.500

この軟弱野郎!


風邪の後には胃腸薬の出番です。


ああ。心は鍛えられても


体の内側までは鍛えられないまちるだです。


で。それで。500件目の投稿です。


なんかめでたい!この前鯛を食う夢を見た!


500件読んでくださってる方いるかしら?


ありがたい!


宇宙では銀河と銀河がドッキング。


まだまだ不思議は広がるばかり。


そして小さな国では幸せは有効期限切れ


契約更新してくださーい。


えっと誰とどこでどうやって何を


そして途方に暮れた貴方は言うのです。


責任者出て来い!


失われた時代?


そんなこと言われても


僕らは生き続けてるんですけど。


Cocolog_oekaki_2012_02_25_23_20

誰に聞いても

ちゃんとした答えが無いなんて

ラッキーじゃない。




全部答えが決まってるより


きっとやりやすいわ。




暗闇のなかでも光る眼で

あの野良猫は見ていたんだ。


答えをその瞳の奥に隠し

そしらぬ顔で海辺を今日も歩いている。




僕らもドッキング。する?


| | コメント (0) | トラックバック (0)

いちごよりいちご味

いちご味のぱっくんちょがうまい!


しぇえきん


しぇえええきん。まちるだです。



このぐらいの時期になると


いちご味の食べ物が目立ち始めます。


ピンク。ピンク。あっちもこっちも


いちご。いちご。



いちご味のたべものってこれが結構好きなんですね。


いちごの味じゃないけど。


本物とはちがうけどそれはそれで


好きな人はいるんだから。


なんで踊らされて踊っちゃう気分で食べましょう。



Cocolog_oekaki_2012_02_23_23_37

本物じゃないなんて嘆かないで


あなたが笑わないと本物もにせものも


つまらないだけだもの




いちご味ふぉーえばー。



わたしにはきっと学ばねばならぬことが


5万と10万と無限にあるのよ。


そんなことにはかまってられないわ。



甘いいちご味でも食って


ピンクを感じて季節を感じて頭をまわせ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

わたしはまだ戦ってる

その愛は変態的


その愛は姿を変え形を変え


終わりなき延長戦へ突入



ぐだぐだ言ってないで


いるの?いらないの?


どっちなの?




なんてついつい血が沸騰しそうになっても


急いてはいけません。




天然エッセンス配合


あなたのお肌に優しくなりたいまちるだです。




喉が腫れてるとマッサージのおじいさまのところへ


行ったら、


肩凝りによる筋肉の張り。風邪によるリンパ線の腫れ。




ダブル効果によることが判明



おじいさんがリンパ腺を触って


まだ風邪の菌と戦ってるんだよといいました。




自分の体の中で寝てるときも起きてるときも


戦いが起きてるんだと思うと


なんだか体におつかれ。


がんばれ。といってやりたくなりました。


Cocolog_oekaki_2012_02_22_21_37

寒い冬が続き


停滞してる気分になってきても


朝の太陽が日に日に早く昇ってきて


ちゃんと動いていることを教えてくれる。


見えないところで動いているもの


見えないところで戦っているもの



またわたしがわたしに急かされはじめたら



そんなもののことを想うのもいいかもしれない。



わたしはまだ終わってない



わたしはまだ戦ってる



あなたの知らないところで

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ものいわぬもの

黒いロングコートに


白い氷の粒がたくさんついて


なかなか溶けなかった。



夜の街灯が照らす


静まりかえり冷えきったアスファルトを


大きなトラックやバスが


行き交う音だけが響く




こんな空気の中で


あなたが笑い声をあげたなら


遠く。遠くまで響くのでしょう。



完全復活まちるだです。



風邪がだね。完全復活したよ。


治ったと思ったのに第二波です。


もうここを越えれば春よ!


と言い聞かせ大人しく眠ろうと思うが


冷たい空気で


もの言わぬものものまで


冴えてしまう




Cocolog_oekaki_2012_02_16_23_18



もの言わぬ

鳴き声すらたてぬ

その生き物は

時々のっそりと後ろを振り返る




昔呼ばれた名前のことなど

とうに忘れただろうに

そんな仕草だけが

残されてね。



もう僕は悲しくなんかないのに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドリーム・マッチ

明日は明日の風が吹く


だけでなく


緑の波の上には過去からの風も混じっているのだと


わたしはすでに教えてもらっていた




ぞっくん。ばっくん。


ドリカムが大好きだった、まっちるだです。


ドリーム・まっち。




気がつかなかった・・・。


2012年。2012年。


なんだかやたら


耳なじみあるなと思っていて


わたしも年感覚までなくなってきたのかとおびえていたが


久々にドリカム!と思ってCDを掻き回していたら


謎が解けた。



指輪をくれる? ひとつだけ 2012年の

金環食までまってるから




ついに来たのね。約束の年ね。


今年の5月21日だそうです。


太陽のリング



Cocolog_oekaki_2012_02_14_23_47

わたしは恋に恋してた


ってより


いつだって歌に恋してた



んだなあ。






なんつって終わるものじゃございません。


マヨネーズ・プリーズ。


まだまだイート・アゲイン。



ここがなければどこもない。


すべての道は修羅の道。


高齢化チームじゃねえ。


若者チームじゃねえ。


ベイビーだって修羅のはいはい。



みなが生き残りについて考える。


おっとなんか飛びすぎ。


お色直しソルジャー。ステップに感動。



浮き足だっちゃう。背も伸びる心地。



空がまた近くなる。




きっと春はすぐそこだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お花畑で会いましょう。

伸びた黒髪


銀の櫛


硬くなって絡まった時間を


柔らかくするように梳かして梳かして




やりすぎファイヤー。まちるだです。


今日はタバコの火で


毛先をちょっと燃やしてしまいました。


パチパチって言うんだよ。ほんとに。


Cocolog_oekaki_2012_02_13_22_35


毎日言うの。


10年先も20年先も


愛してるってまいにち


蜂蜜を溶かすよに


 

甘くあまーく囁くの。




あなたはお花畑で


夢とプライド針にして


蜂のようにぶんぶん飛んでいる。



あなたをそこから目覚めさせない。

あなたをそこから逃がさない



毎日毎日花を咲かせて蜜を与えて


それがわたしの考えた精一杯の復讐。



Cocolog_oekaki_2012_02_13_22_48



ってなわけで明日はバレンタイン!




いつまで続く本命なしの

博愛バレンタイン。




ねえ。好きってどんなんだったっけ?




甘いものじゃなかった気がするけどな。



アイシテルヨ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

愛を叫ばないで

雪がひらひらと降ってくるのを見た。



なんだか泣きたい気分だ。



誰か彼女に言ってくれ。


もう。


これ以上


全身全霊で


愛を叫ばないでいいから


休んで。休んでくれ。


誰か彼女を止められないの?


なんで?なんで?


頭の中の疑問すら彼女の歌なのが


また悲しくなる。




各地で雪の事故多発。


自然の力は大きく。


そしてこわい。



大きくなれば大きくなるほど


影響は大きく


抱えるものや反動も大きい。


こわいよ。



どこへ行くの?


なんだか。ものすごく。こわい。



Cocolog_oekaki_2012_02_08_22_19

直視していられない。

それは大人なのか?


いやちがうだろ。

わかってるはずだろう。


なんで?

何が起こっているの?彼女の身に。


雪が荒れ狂う。




バランスを失った大きな力は暴走する。



そう思うと何もかもそう見えてくる。




こわいよ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

どん底

ちょっとまちーな。まちるだです。


TVのニュースで明日が寒さの底


と言っていた1月半ば。


まだどん底とかあるんじゃない?とか言っていたら


ほら。やっぱり。


すごいですね。


吹雪吹雪氷の世界~になってるところも


あるみたいだし。


Cocolog_oekaki_2012_02_01_22_38


僕はどん底の中で君を見た。


君は毎日そこら辺で会う

誰とでもどこか似ているような気もするし

また何かが変化する瞬間そのものの

エネルギーに満ちた曖昧さがあるような

すぐに違う生き物に変わってしまうのではないかと

思わせるような危うさをもっていて

君に出会っただけで

たくさんの人に出会ったような広がりを覚え

また、君はここにいるのにどこにもいないような

二人でいても空しさを感じさせ

透けて見えるとはこういうことなのかと

何もかも実感が無く

不思議でたまらなかった。



でも君が消えて


ふと気づいたんだ。



誰でもあって誰でもないとは


そーゆーことなのだと。




君から透けて見えるのは


君が見せてくれていたのは


明日だった。





僕はどん底の中で君を見た

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »