« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月

あれから10年

ぐおおおおっほん。


咳が止まらないまちるだです。


一月はほぼ風邪で屍状態でした。


まだ止まらない咳。咳。咳。


もうちっとたったら病院だ。


YUKIちゃんのPOWERS OF TEN出ました!

嬉し。おんもに休みの日

出られない状態でこれだけが楽しみだった・・・

10年ですよ。10年。

10年前何があった?

まちるだはまちるだの名前をいただきました。

わたしも10年です。

なんて勝手に想いを馳せながらベストを聴くぜ。

パワーを取り戻せ!

いやはやまったくパワーキャラじゃないです。

だからあやかっちゃうよ。

病の時は誰かのやさしい力が欲しくなる。

あなたのパワーくださーい!!


Cocolog_oekaki_2012_01_31_23_38


10歳です。

あれから10年。

ありがとう。

早く元気になってみなに会いたいー!

寒さよ溶けろ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ニューリズム。

一日、寝てもーた。


どーも。

風邪の治りが遅いまちるだです。


今月は非常に大人しくしております。


風邪をひきながらYUKIちゃんのベストの発売日を

心待ちにしております。


 

ええ。それは春を待つようなきもちです。

それまでは死ねるか!と大袈裟にも思うわけです。



冬の裸になった木々はわたしの瞳には

たくましく見え

うっとりします。


その枝の先の先まで伸びるための

力を漲らせてるのではないかと

細いシルエットすら力強く見えてくるのです。


見てるとふと自分の手を眺め

冷えた指先まで力があるかぎゅっと握り締め

確認したくなる。




その細い指先で

春までのカウントをはじめてくれないかい?



僕を連れてゆくための

君を連れてゆくための

Cocolog_oekaki_2012_01_25_22_55

 


おっ



春の芽みっけ。



わたしがそれを好きだと思う気持ちは


メッキのように剥がれてゆくものではなく


紙のように擦り切れたり


色あせたりするものではなく


どんどん漲ってゆくもの。


指先まで。どんどん漲ってゆくもの。


わたしよ。


新しく。新しくなれ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

美しい瞬間

先日晴れた日に。


ゲームセンターのものでしょうか?


五色くっついた風船が木を越え電線を越えビルの間を抜け


薄い水色の空に向かって昇っていく様子が


とてもとても美しく


案の上わたしはカメラを持ってなかった。



本当に美しい瞬間は捕まえられないものかもしれない


裸の瞳でしか見えないものかもしれない。


でもわたしはいつもレンズ越し。



トレードマークはめがねのまちるだです。



こんちゃ。んちゃ。



アメブロのほうのトップの画像にした


黒猫の顔が超お気に入りなんで


よかったら見てちょーだい!


んー!こーゆー顔撮りたかったって顔です。


渋い横顔だぜ。




その瞬間は捕まえられなくとも


その瞬間に出会った気持ちは


必ずどこかで溢れ何かを潤すはずだ。


Cocolog_oekaki_2012_01_23_22_36



そういえば昔手塚治虫の

ユニコのアニメが大好きだった。




うん。ちゃんと今と繋がってるよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

森のひとつ

木を隠すなら森に


森に隠さなくては


そのとき、森がなかったら困るでしょ?

 

わたしがわたしを隠すには

人・人・人の森に


この内向的な性格は

不思議なことに

人のあまり少ないところではなく

ある程度の人数がいるところで

本領発揮するようです。




どうも。風邪の治らないまちるだです。

咳をするたび

体で空気砲を撃ってるような気分です。

雨が降りました。

それだけで呼吸が楽になります。



森の中から

さがしましょ。


おそろいのチャンピオンベルト。



一人ではないわ。ひとりでは。



木と木の間が

 
空きすぎるとぽつんとさびしくなってしまう。


砂漠には住めないな。


埋もれるのがいいってゆうんじゃなくて


森の中の一本でいいんです。


それをしっかり構えるのは長年かかるってことです。


Cocolog_oekaki_2012_01_22_09_48




頭がいいのかバカなのか

天然だの奇人変人だの

言われたい放題です。


そのデスクの中に

入る小さなモノサシじゃあ

無理だと思います。



そんなのはどーでもいいんです。


好きに呼べ。


わたしが来て雰囲気がよくなった。


それが最高の褒め言葉です。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

うささん。

愛情一本。


飲むか飲まれるか。


まちるだです。


また風邪か・・・・。


なんだか仕事の忙しい年末


新年。葬式。


バタバタ走り抜けたかんじで


どっと気力が抜けてダメージの大きい風邪。


とりかえせぬ仕事。


あひゃあああああ。


もうあまり暗くならないと心に決めたものの


たまにはどっと落ち込んでやる。


どうせ落ち込むなら


がーんと落ち込んでやる。


なんて思い切りのよい性格だったら。


うじうじ。ぐじぐじ。ぐじょぐじょん。


近頃感受性の強い人の前では


あまり落ち込んだり元気のないかんじを見せないほうが


いいんだってのがわかってしました。


相手もつられてきちゃうから。


風邪もひいちゃったりね。


もうそうゆうのはあまりいやだなと


思いつつ。


日々日々元気なかんじでと思いつつ。


いきなり乗り切れない


まだまだ未熟なかんじを残しつつ



空飛ぶお薬らりぱっぱ。


そんなことはしませんけど。


お酒でじんじん泣いたり


しませんけど。




なんですか?これをうさ?と言うのですか?


うさうさ。2回続けるとかわいい言葉って


いっぱいね。


さんをつけるとうささん。


近頃うささんたまっててえー。


いらっとするところがいいんだよ。


鍋のあくをとるようにすくいあげて


ぱっぱと捨てられちゃったらね。



たまにゃおしめりほしいだろ。


乾燥は肌にも心にもよくないだろ。


Cocolog_oekaki_2012_01_17_23_40

そうそう。


この前エレベーターで上に行くとき会った人に


下に下がるときにも会って


つい。


またお会いしましたね。


って言った。


あなたにドラマはじまってる?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

移りゆくあか

椿のあかは危険な色


たやすく愛を欲しがる


少女に与えてはいけない。


急がないで。


その花はぽろりと


零れ落ちてしまうから。


そうはいっても。まちるだです。


もう少女時代は過ぎました。


アイドルの少女時代は超かっこいいけど。


口をあけて足を拝んでしまいます。




若さを無駄にするなとは言ったもんですが、


やっぱりどうかんがえてみても


若いから無駄にできるんだろうし


できたんだろうし。




年をとると人はもったいない病に


とりつかれやすくなりますから。




Cocolog_oekaki_2012_01_12_22_52


要はつかいこなせるように


ならないとね。


危険な色とて


もう少女じゃないんだし。


子供のあかと大人のあかは違います。


わたしは最近めっきりあか色から遠ざかってましたけど


なんだか戻ってくる気がしたのです。


まちるだのあか


だって。


そろそろおなかも空いてきた頃でしょう。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

ゆるりの心。

諸君。今日も元気にやっとるかい?


まちるだです。


せり。なずな。ごぎょう。
はこべら。ほとけのざ。すずな。すずしろ。


七草粥を今日作って食べました。


ああ。終わった。と思いました。


明日から仕事だ。ふうう。


料理って最近ますます面白いなと思います。


忙しくていらいら。


時間に追われ


早くつくっちゃいたいなと思うときは


あまり頭も閃かず、工夫もきかず、味もいまいち


おかげで食べながらいらいらはつのるし疲れる一方


休みの日にゆっくりした気持ちで集中してつくれると


頭がすーっとしてきて


アイディアも冴えるし、味もうまく作れる。


食べてもおいしいし楽しいしストレスも晴れる。


なんか全部はっきりでちゃうんですよね。


ゆったり丁寧に愛情をこめてって


ほんとうにむずかしいこと。


でもそれができた時


できたものやことは嘘をつかないんだなあって



Cocolog_oekaki_2012_01_08_22_39

慌しい中でも


どさくさの中でも


育ててきたもの。


今度はゆっくり時間をかけて


愛情こめて育てるこころがけを。


なんか。


なんか一気に年くった気がするけど


それでもまわりよりいつも遅い気がするんだよね。


でもそれであわてたら結局同じ。


長距離で走りたかったら自分のペースが


大事っちゃ。駅伝は見たか?


だれも一緒にゴールはできないんだから。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

彼女が喪服に着替えたら

寒かったです。


喪服から着替えたまちるだです。


通夜と葬式が終わりました。


花を奮発したと聞かされていましたが


モノクロの祖父の写真のまわりには見事な花


棺の中に収めるのは大変でした。



ユリ。バラ。カーネーション。胡蝶蘭。

洋ギク。かすみ草。キンギョソウ。ストック。エトセトラ。



もう春の色合い。白。薄いピンク。黄色。淡い紫。



写真の実物よりごつくて強そうな顔とは全然ちがって


小さく穏やかになってしまった顔以外は花で埋め尽くされました。


花のドレスを着ているようでした。



祖父は着るものに金を全然使わず


いつも乞食のような格好で歩いていました。


だからその華やかさは嬉しいような


その感じがまたさみしいような。



骨になったら、骨に薄い緑がついていました。


緑のものなんて入れてないよね。花だねと


みんなで言ってました。


密葬にしなかったので


ちらほら人が来ました。


でも母と父の親しい人たちが基本で


祖父の親しい人はいませんでした。

Cocolog_oekaki_2012_01_07_23_59


なんだかこれから忙しくなるなと思った。



図らずして祖父の残したものの


大きさを知ることになるのは


実感していくのはきっと。これから。


今からこわいぐらいだよ。


私自身もそのひとつだってこともさ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

祖父

そして祖父は亡くなりました。

なんと言っていいのやら。


母に金と自分しか信じないと言った

臆病だった祖父。


人は死ぬときはお金は持っていけません



じゃあ名前だったら?


名前もっていけますか?


祖父の名前は金ジロー。


やはりと言うか

死んだ後につく名前。

戒名にも金の字が

金を持って空に昇る祖父。




祖父の人生と幸せを考える。


わからない。



わかりあえなかった祖父と祖母。


わかりあえなかった祖父と娘。


わかりあえなかった祖父と孫。


3代で終わるでしょうか?



わたしはいい孫じゃありませんでした。



祖父もいいおじいちゃんではありませんでした。



死んだ人に対する後悔は


なんだかやれるだけやれなかったことを


後悔することで


自分を許そうとしてるみたいで嫌でしたど。



今も嫌ですけど




自分から歩み寄らなかったことは




わたしの罪です。ごめんね。おじいちゃん。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年。スラム街より愛をこめて。

明けましておめでとうございます。


年末。久々にノックの音がする夢を見て
 
胸騒ぎでめざめた日

祖父危篤状態になり。

今のところもちこたえておりますが

最後になんだかあたふたしての

年越しでした。


正月も緊張状態は続いて

正月らしくはないかんじですが

無事迎えられてよかった。


わたしの住んでいる場所を

知っているひとに教えると

スラム街だと言われ馬鹿にされます。 

おう。上等だ。


わたしのおうちは

今、生死の間の祖父の建てた

スラム街の中の奇妙なおうちです。

誰が見ても奇妙です。

でも、住めば都と言ったもの。


この奇妙さが

年々気に入ってくるのです。


住んでる人たちもはたからみれば

奇妙でしょう。

でもそれも年々気に入ってくるものです。


燃えよドラゴン。

命の灯火。

竜は空へ昇るのでしょか。

今年はどんな年かしら。

さらに加速できるかしら。


そろそろ君に会いに行きたい。

Cocolog_oekaki_2012_01_01_02_11


いつも見てくださるみなさま


遊びにきてくださるみなさま


ありがとう。


今年もさらにとんちんかんな文章に


なるかもしれませんが


何か気になっていただければ


木になっていただければこれ幸い。


よろしくお願いします。


明けまちるだより愛をこめて


もー明けてんだぞ。わたしは。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »