« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月

何もないからだ

  

誰かを好きだとか

誰かを喜ばせたいとか

そんな想いで

胸が膨らんだら

肉がついたらと

常々本気で思ってます。

まちるだです。

 

ちっ

 

何もねえ貧弱すぎる体だな。

 

 

アイムペラペーラ

 

 

それしか脳がない

脳もペラペラだから

そのままペラペラしゃべってろよ。

 

 

 

こう毎日毎日一日三回ぐらい地震が来て

停電が来るんだか来ないんだか来て

放射線がどんどん広がってきて

 

 

毎日揺れている気がします。

毎日びくびくしてます。

 

そんななかにいると

こうつまらない意地を張っている自分が

ほんとに損だしくだらねえなと思ったりします。

 

 

こんなときは言葉より

人間の生きているぬくもりが体温が

何よりだもの。

素直になりたいね。

Cocolog_oekaki_2011_03_25_00_35

傷ついたからだを寄せ合って

明日の可能性のなかに

明日がなくなるという可能性が

あって

それでもからだを寄せ合って

明日があることを祈って信じて

眠る。

明りよ灯れ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

暴れだす

  

ざわざわざわ

ざわざわざわ

  

ゴォーと唸って

窓を叩いて

カラカラとガラスとモールがぶつかる。

  

眠りたいのに

眠れない。

体が自分のじゃないみたいに

しっくりこないなかで

風がざわつくごとに

整理された胸の裏っかわを

ひとつひとつ

木の枝で

ぐちゃぐちゃにされていく

  

窓が叩かれるごとに

忘れたであろうと

思っていたことが

頭の中に帰ってくる。

 

 

やっとこさ

ひとつ整理できたと思ったら

また全部棚から

落ちてきやがる。

 

 

ひとつでてきたら

もうアウト。

くっついて

ゾワゾワよみがえってくる。

ゾンビみたいだ。

 

 

暴れだす。

暴れだす。

 

 

どうしたらいい?

窓を開けても

何を叫べばいいのかわからない

誰を呼べばいいのかわからない

どちらを向けばいいのかわからない

カーテンは揺れ

散らかってしまった記憶の上を

風が通りぬけるだけ。

 

 

心は記憶に引きずられそうで

でもそんなことは

ここにいるのに

やってはいけない。

 

 

何でもいい

しがみつかなきゃ

 

 

暴れだす。

暴れだす。

 

 

呼ばないで

それ以上呼ばないで

 

 

 

本日のおうた

「暴れだす」

悩みはたえず オトナになれず

眠れぬ夜を 今夜もまた

あぁ 笑ってごまかす 声もむなしく

飛び出すことも できないままに

あぁ 胸が

暴れだす 暴れだす

誰かそばにいて        ウルフルズ

  

この曲は知らなくて

こんないい曲あったのかよーと

感動した。

人のために出来ることはあっても

人のために生きることができない

ぐさっ。切られた。突かれた。叩かれた。

  

わたしもそう。

でもそんな人たちをいっぱい知っている。

それを選ばない選べない人たちを

いっぱい知っている。

見た目や姿勢をどれだけ取り繕っても

最後にはエゴが勝ってしまう。

この身放り出せるなら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いざやたのしまどいせん

  

携帯を買いました。

 

 

ご迷惑おかけして申し訳ありません。

 

 

前の携帯が見つかったのですが

遠隔ロックをかけたまま

解約して

しかもそれは解くことはできないとのことで

ありまして

 

 

前のアドレス帳など

バックアップとってないので

一からやりなおしでございます。

 

 

ただ今大変混雑しております。

繋がりにくい状況になっております。

ご迷惑おかけして申し訳ありません。

 

 

頭がな。

 

 

新しい携帯は

スマートフォン☆

どうしても

ピンクが欲しくて待った待った。

まだ全然つかえず

はじめて携帯を持ったときより

難しいです・・・・・。

 

 

あれ?

こっちへ行きたいのに

そっち行っちゃう。

なぜそこへ?

また変なの起動したよー

 

わわわわわわ。

 

戻れない! 

 

 

なんて翻弄されっぱなし。

 

 

でもおかげで

集中がテレビから

そらせることができた

 

 

普段あまりテレビも見ないのに

同じニュースを

テレビで

ずっと見てると

頭が朦朧としてくるし

 

 

常に揺れてるみたいだしね。

 

 

 

いざやたのしまどいせん

 

 

リニューアル。

 

 

いざやたのしまどいせん

 

 

よろしく。

 

 

Cocolog_oekaki_2011_03_19_10_46

 

 

そんなのは大人のすることじゃない。

 

 

人様に迷惑かけてなんて

 

 

でもそれをこわくなると

何もできなくなっちゃうんじゃないか。 

 

  

前からうすうす感じてはいたが

わたしは人様に迷惑かけることが

大得意なのかもしれない・・・。

なんてことだ!

 

 

そしたらこういうのか?

 

 

ただいま混雑しております。

繋がりにくい状況になっております。

大変ご迷惑おかけして申し訳ありません。

 

 

                                               

| | コメント (2) | トラックバック (0)

寒いというのにSUMMER TIME BLUES

 

あっと驚き桃の木放射線

  

日本の原発は安全です。

  

さっぱりわかんねえ

  

根拠がねえ

 

キヨシロー。

こんなときに

聴いちゃうもんね。

 

  

根拠はあったのかもしれないが

人間は自然に勝てないのね。

どこまでも。

 

 

空は繋がっている

海は繋がっている

風が運ぶ

雨が降る

海が運ぶ

土に浸む

生き物に浸む

生き物が食べる

生き物を食べる

 

  

よいこともわるいことも

循環循環。

繋がって循環循環。

ここは神奈川。

今日の風は混ざってんだろうなー。

 

 

お仕事場所では

テレビがひとつつけっぱなしになり

地震。原発。停電の三本立てを

ぐるぐるぐるぐる。

 

頭麻痺マヒ

 

 

毛が抜ける。

 

 

あぶねえ

 

ほしくねえ

 

 

だから人間それでも人間

 

 

自然に動かされ今日もうごめく。

生も死もうごめく。

 

 

黙祷。

 

 

病院のベットに乗せられたまま

波に飲まれていったおばあちゃんを

目撃した人のインタビューが

苦しかった。

 

 

どうしようもなかった。

 

 

 

明日は寒いって

 

 

 

どうか。早く。早く。

あたたかくなりますように。

  

早く。

あたたかくなりますように。

 

 

Cocolog_oekaki_2011_03_15_21_51

 

 

ここは海に囲まれた

小さな島国です。

 

 

電気を消して眠ろう。

今はひとつひとつ

消えてく灯りがやさしさなのかい

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

物質ホニャラリーナ

  

人前で男の腕に絡みつくなんて

はしたないわよね。

女だったらそっとそばにいるぐらいの

はじらいが欲しいわ

バーカっていってやりたくなる。バーカ。

 

 

ええ。すいません。

お母さん。

私もそう思います。

しかし残念ながらあなたの娘は

ぶっちぎりのバカでした。

相当はしたないです。

すいません。

 

  

もっと落ち着こうとか

理性的に考えようとか

大人っぽくならなきゃとか

突っ込むのはやめようとか

  

全部ふっとんだ。

 

 

ふりだしに戻る。

 

 

なんとゆーかもう恋とか

淡く甘ったるいイメージではなく

それに関しては

もう化学反応ってか

機能がついちゃってるというか

そんなかんじで。

 

 

その人の中には物質ホニャラリーナと言うのが

あってだな。

君の中にはそれに反応する

ホニャルスというのがあるんだ。

だからそれを摘出すれば

問題ないよと言って

摘出してほしい。

いや。あるって。

そうとしか思えん。

 

 

なんで取り外せないの?

これは。

 

 

考えたり積み上げたり

流れた時間でさえも

すべてを吹き飛ばす強力物質。

 

 

どうなっちゃってんの。ねえ。ねえ。

どうなっちゃってんのよ。ねえ。

 

 

料理なんて化学の実験みたいなもんですよ。

 

父よ。

 

恋愛なんて化学反応みたいなものかい?

 

 

わたしにはこれが何だかわからないよ。

だって全然あまくないんだぜ。

それはわたしじゃない人が

わたしの体をつかって

勝手にやってることです。

んな。バカな。

誰かのせいにしたいよ。

 

 

Cocolog_oekaki_2011_03_13_13_38

 

何でしたっけ?

ハプニングもタイミングもフィーリングも

まるで無視。

 

脳内で何かが反応してるんだって。

いやそうだって

そういうことにしておきたいんだけど

そういうことにしておいても

解決策が何にもないんだよね。

 

 

みんな集まって

いつものように

飲みかわせることも

すごいことなんだな

 

 

テレビをずっと見てしまう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

非常事態

 

生きてる?

 

生きてます。

 

こんなときに携帯のないわたし。

 

 

 

生きてる?

 

 

生きていてね。

 

 

また会おう。

 

 

職場から2時間ぐらいかけて

歩いて帰れた。

 

 

雨の上がった空が

こんな日でも

綺麗で。

 

 

ただまっすぐ歩いて帰った。

 

 

テレビをつけっぱなし

ニュース速報が入るたび

起きたり寝たりを繰返したけど

 

 

夢の中で熊さんに出会った。

 

 

 

奪われるときは一瞬なのだ。

おそろしい。

 

テレビの中の大波

  

テレビだとゆっくりに見えるから

余計恐ろしい。

あのスローモーションに見える波が

どれだけの命を

さらっていったのだ。

 

 

熊さん歌ってくれ。

Cocolog_oekaki_2011_03_12_11_31

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

男は辛いよ~うちのぽち~

Cocolog_oekaki_2011_03_10_20_57 

  

ぽちくんは猫です。

我が家4匹いる猫の中の唯一の雄猫です。

  

もとはよそから来た野良さんのため

気の強い三匹の雌猫たちに敵対視されています。

  

キジネコだかサバネコだか

どっちだかよくわかりませんが

ようは黒っぽいトラ模様が頭から体に

覆いかぶさるようについていて

内側の白い毛の部分が真っ白で綺麗です。

  

  

小さい頃はチビと言われていたらしいですが

わたしはチビの頃を知らず

帰ってきたときにはもう結構でかサイズで

こりゃチビじゃねえだろと

  

  

ぽちくんは

ネコのくせに

熱烈に人にすりよってきて

人にすりよるだけではなく

立ち上がって抱きついてきたり

柱を利用して背中にくっついてきたりするのです。

そして熱い瞳で幸せそうにこちら見つめてきます。

  

それに加え顔を上げて太い声で鳴くしぐさと

顔を上げたときに見える胸のあたりからの

毛の白さを眺め

当時テレビでやっていた

ソフトバンクのおとうさんみたいだーと

思ったわたしがぽちと名づけました。

  

  

ぽちくんはここんところ

しょっちゅうお外に出かけていました。

うちの雌ネコとそりは合わないし

まあ。反野良の雄ってのは

だいたいそんなもんで。

時々帰ってくるぐらいだったのに。

  

  

この間いきなり帰ってきて

狂ったように

吠えているのです。

  

が、しかし

顔を上げません。

あのいつも顔を上げて鳴くのが

トレードマークのぽちが。

呼んでも顔を上げない。

  

  

触っても振り向いてもくれず

下を向いたままうなって

離れていってしまう。

  

  

これはどうしたことだろう。

  

  

さっと下を向くその瞬間

見逃さないぜ。

わかりました。

左目に傷が。

膿んでいる。

  

  

どっかの雄猫と喧嘩でもしたのでしょうが。

 

  

もう合わす顔などないといったように

下を向いたまんま。

ガキ大将の子供が

初めて喧嘩で負けたときのようなしぐさで

背中を丸めしょんぼりしているのです。

  

 

なので最近よくうちにいます。

いったい全体プライドをずたずたにされたのか

もうお外はこわいといったご様子で。

ペッたりと床にへばりつき

寝ています。

  

 

なんだか猫のくせに

ほんと感情表現豊かってか

わかりやすくて

こんな猫ははじめてだ。

  

  

やっと落ち着いて

触ってもよってきて

顔も少々上げてくれるように

なりました。

  

  

雄なら出ていけ。立ち向かえと

思ったりもしますが。

やっぱりぽちが好きなので

うちにいるのが嬉しいわたしです。

  

 

雄猫が

このうちを出て行って

帰ってこなくなったことは

何度かあります。

 

 

複雑だね。

 

 

やっぱりずっといてほしいけど

出て行くのが雄なのかなと

思ったりもするのです。

 

 

男は辛いね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その手を離さない

 

私は彼の腕を掴み

  

懇願するように

  

どこでもいいから 行こうと言いました。

 

  

彼は待ってましたとばかり

  

ざまあみろとあざけるような顔で

  

お前はあいつを追っていけばいいだろと

  

俺は用事があるんだと

  

わたしの手をふりはらいました。

  

 

わたしはすごすごと電車に乗りました。

 

  

振りはらわれた感触だけ連れて。

 

  

なんつー夢です。

いい加減にしてくれって思うでしょう。

わたしも思います。

 

  

誰かお願いだから

この悪夢から

目覚めるまで  

見ていては くれないか?

 

触れなくていい。  

  

いやむしろ 触らないで。

 

  

抱きしめてくれなくていい。 

 

いやむしろ  抱きしめないで。

  

   

ただ 目覚めるまで

  

見ていては くれないか。

  

  

この出口のない

しあわせな悪夢から

わたしは 早く 目覚めたいんだ。

  

  

パンパカパン

パンパカパン。

 

  

自分が女だと感じさせらるときに

悲しくなります。

  

  

男の子たちは意地悪。

 

  

女の子はいつも仲間はずれ。

いいもん。一人で遊ぶ。

 

  

君だけは違うなんていいません。

  

  

だから。

  

  

みんな嫌い。

 

 

一人で遊ぶ。

 

  

パンパカパン。

パンパカパン。

  

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

わたしを入れる器

  

この小さな箱の中

わたしはもがいているんだよ

 

この小さな箱の中

終わらない夢など見つかるの

 

などと書いていたわたしがいた。

 

  

でも

  

漠然と近頃思うのだ。

  

  

この箱

 

  

もう小さいし狭い。

 

 

キュークツ。キュークツ。

 

 

なんだか何もかもちいせえな。

 

 

何かサイズが合わなくなってきている。

 

 

 

狂ってようが真面目だろうが

 

 

どっちでもいい。

 

 

だいたい真面目な人ばかりだ。

わたしは今まで出会った人の中で

ここぞとばかり

何もかもに不真面目な人間など

みたこともない。

 

 

とある飲み会で

男の子たちが俺は真面目だ。

俺は真面目だ

お前が一番狂っている

と互いに言い張っているのを聞いて

なんだか可笑しくなってきてしまった。

確かに向き先が違うだけで

みんな何かに対して真面目だ。

 

 

そしてみんなほころびを見つけるように

少し狂っている。

 

 

ああそんなものだったのかと

ふと絡まってた鎖から

一本引き抜いたような

気分を覚える

 

 

もうそれを首につける気も

腕につける気も起こらず。

できることなら川か海に投げ込み

そしてゆれる漣を眺めたい。

 

 

 

ああもうこんな時間だからと

その腕に何もついていなかったことが

わたしにはひどく面白く

 

 

それを思い出すたび

面白いことって

まだまだたくさんあるんだなと

妙なざわめきが胸をよぎる。

 

 

Cocolog_oekaki_2011_03_05_11_16

 

 

海。空。川。風。雲。光。

 

  

ああちいせえな。

 

 

こんなとこから呼んで

 

  

わたしの声だとわかるのかしら

 

  

遠くなる。見えなくなってゆく。

遠くなる。あなたが見えてくる。

 

 

 

 

 

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

王子様より玉子さま。

  

しんなり。しんなり。

それは芯なり。

  

  

あいたや。あいたや。

君にあいたや。

  

  

髪が伸びてく

秘められていく。

  

  

あなたの知ってるわたし

秘められていく。

それがなんだか楽しくて。

  

  

あいたやあいたや。

君にあいたや。

 

  

溶き卵

砂糖適当

甘い半熟スクランブルに

  

豆板醤加えたごまだれ。

  

甘辛甘辛

甘辛うまし。

肉と野菜があるともっといいね。

  

  

しんなりしんなり。

それは真なり。

 

  

くだけて割れても

悲しまないで

君は中からあふれ出す。

  

  

しんなりしんなり。

それは新なり。

  

  

舌は求める

求め続ける。

  

  

女を料理になぞらえる前に

一式つくって食べさせて。

  

  

しんなりしんなり。

それは心なり。

 

  

どこへ行こうが

そいつを連れてけ。

  

  

粋がる無力さ

やがてあなたは

息を知る

  

  

やがてすべては

卵にかえる。

  

  

しんなりしんなり。

それは信なり。

  

  

神も仏も

卵にかえる。

 

  

髪もほっとけ。

卵にかえる。

 

  

あいたやあいたや

君にあいたや。

  

  

つるつる卵。

命ひとつの罪悪感。

それはまさしく手のひらサイズで

なかでは君が眠ってる。

 

  

あいたやあいたや

君にあいたや。

 

  

しんなりしんなり

それはしんなり。

  

  

もう割ってもいいかい?

 

  

Cocolog_oekaki_2011_03_01_22_54

あいたやあいたや

君にあいたや

 

  

わたしは君を

食べて生きる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »