« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月

うえいと・ふぉー・ざ・らいと・おぶ・でい

  

  

あなたでなければ

わたしでなければ

なんてことは

きっとあなたの言うとおり

何ひとつないかもしれないけど

それじゃ少し情熱が足りないわ

全部認めるわけにはいかないわ

  

  

お風呂場では

青いホースが円を描いていた。

じっと覗いていたら

ドラえもんが

出てくるような気がした。

  

   

耳がなくても猫型ロボット

ポケットなければ短足ロボット

  

  

それが愛嬌。

  

   

お友達になってくれる?

  

  

先輩の携帯から

猫になりーたーいーと流れて

みんな猫になりてーと言いながら

酔っ払って

眠っていった。

  

  

愉快じゃのう。

なかなか眠れなかった

わたしは

安赤ワインで悪酔頭痛だった。

  

   

頭の痛い。浴衣スースー。寒い夜明け。

  

  

最近夜明けをよく見るな。

  

  

  

車からバイクの後ろから

悪酔いしながら。

  

  

グレーブルーから

ちょっとオレンジがかった

黄色やピンク。静寂。

  

  

  

ただただ

暗闇を抜けるイメージを

続けて。

 

  

  

お先真っ暗が

一番面白いんだってさ。

 

  

すごい台詞だ。

  

  

夜が好き。

暗闇はこわいけれど。

 

  

   

たまの夜明けもいいもんだ。

 

 

 

全部は認めないわ。

そしたら終わっちゃうから。

 

 

 

Cocolog_oekaki_2010_09_27_23_42

 

 

でも全部抱きしめたいな。

終わりごと抱きしめたいな。

終わっても新しいが

生まれてくるように。

 

 

 

 

  

  

  

  

   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

橋のない川

どうすれば

君が喜んでくれるか

そういうことを

考える気持ちを

忘れたくないのに

  

  

自分自分で余裕なくなっちゃって

いろいろ

ビクビク

ピリピリ

声も小さくなっちゃって

しゃべり方なんて

よくわかんなくなっちゃった。

  

  

笑ってるかな?

わたし笑ってるかな?

 

 

  

おおざっぱに

ゲラゲラ笑っていたいのに

 

  

神経質に

トゲトゲしたくはないのに

 

  

会いたくて会いたくても

空を見るしかできない。

 

 

  

まあでも

ほんとに鏡をみれば

のほほんとしたわたしの顔

 

  

なんかほんとのほほんって

かんじで

ふてぶてしいな。

  

  

  

何にも痛くありません。って

顔してやがるな。

  

  

  

こんな顔してるうちは

何事も平気かな。

  

   

綺麗な人よりすましてる人より

よく笑う人が好きだ。

よく笑う人が好きだ。

よく笑う人が好きだ。

  

   

笑い方を忘れたら

どうしようって

今度はそれにビクビクしちゃう

  

  

  

箸が転げても

橋がない川を見ても

  

   

   

笑っていたいな。

  

  

  

渡れないやって

笑っていたいな。

  

   

    

向こう側にいるのにな。

  

  

  

会いたいな。

 

  

なんだかよく説明できなくて

怒られちゃっても

会いたいな。

 

  

   

なんだかよく言葉にならなくて

泣いちゃっても

会いたいな。

  

   

   

Cocolog_oekaki_2010_09_26_17_09

  

   

わたしの名前はなんですか?

問いかける。

わたしはわたしに問いかける。

なんだかそれすらぼやけてきてる。

 

  

生きていますか?

  

   

わたしはわたしに問いかける。

  

  

   

ほんとうに生きていますか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オリオン座の不毛地帯

 

  

まだ早いけど

  

わたしの頭の中には

すでにオリオンの三ツ星ベルトが

輝いている。

  

  

近くで

くっついて

光って

探しやすいな。

 

  

なんかちょっと

ずれれば

色々噛みあいそうなのに

ちょっとずつ

ずれちゃってさ。

 

  

大きく開かなければいいのだけれど。

 

 

 

嫌だなあ。どこの犬の骨だか

わからないやつに

バラバラにされるのは。

 

 

 

寒い冬に

くっついて

輝いていてよ。

 

 

 

 

恋よりも

愛よりも

友情ってやつのが

難解極まるのでは?

 

 

 

そうおもいはじめたのです。

 

 

 

まあ阻まれないのであれば

恋だろうが愛だろうが友情だろうが

何でもいい気もしてきますけど。

 

 

 

みんな一緒がいいの!

小学生じゃあるまいし。

 

 

みんな一緒がいいの!

団体行動が苦手なくせにね。

 

 

恋愛は

今は持ち込みたくないのだ。

考えたくないし

わからなくていいや。

以上も以下もできるだけ少なく

  

 

だから

受け取ってと

わかってくれと

現れられると

眼をつぶりたくなる。

 

 

 

わたしはバーコードを

読み取る機械ではありません。

 

 

記号を

読み解く機械ではありません。

 

 

正答を打ち出すマシーンでも

ありません。

 

  

示されなければ

答えは出せません。

 

  

でもわたしは

読みたくなる。

習性です。

 

 

なので。それは圧迫です。

 

 

  

追いつめられてる気がして

とてもむしゃくしゃするのです。

 

  

攻撃されなきゃ

分が悪くて

反撃もできないし。

 

 

  

ああ。いやな状態ぶらりんこ。

 

 

  

Cocolog_oekaki_2010_09_25_00_31

 

 

 

期待なんか

ほっときゃいい。

無視すりゃいい。

できるならしてるわ。

いや。する。

いや。とにかくいやなのー。

誰か助けてー。

 

  

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

愛はスパルタ

雨の音の中にいた方が

晴れた日よりも

集中するから

湧いてくるものが

多くて

掴みやすい気がするの。

 

  

だから雨の日でも

窓を開けてしまうわたし。

 

  

寒くてもほんのちょっとだけ

空けて

音を入れるの。

  

  

Charaの本を読んだのだ。

 

  

写真と詩と日記。

旦那様と別れたことがストレートに

伝わってくる。

 

 

とても素直で

大事な人の

大切な人でありたいって

特別な人でありたいって

こんなに素直で。

 

 

どんどん素直でなくなっていく

気がする自分は

反省する。

 

 

ああー女の子だって。

いくつになっても女の子だって。

 

  

これ。何度も

読み返しちゃうんだろうな。

旦那さんのことだけじゃなく

考え方とか

子供に対してとか

素敵な人だな。

 

 

 

心の中の

なんだかわからないものを

大切にして

大切にしている間に

世の中に

置いていかれちゃったら

どうしようって

誰からも

見放されたら

どうしようって

思うときもあるけれど。

 

 

 

でも

それを大切に

しなくなった

自分を

好きになんか

なれない

 

 

 

にもかかわらず

わたしは今やじろべえのように

ぐらぐら揺れている。

 

 

はみだした気持ちは

誰かと分け合いたい。

 

 

でもどうやって?

 

  

愛はやさしさでもあり

スパルタでもあり。

  

  

右へ左へ揺さぶって

まっすぐに。

いや消える魔球。

 

  

そんなものをどうやって

捕らえてとどめられよう

 

  

言葉を書かない

音楽を聴かない

歌を歌わない

本を読まない

服を選ばない

絵を描かない

酒を飲まない

 

 

そうして

できるだけ感情を動かさず

沈黙を守り

あらゆる刺激に触れず

波風を立てず。

 

 

 

それで楽になるの?

 

 

 

楽でも

楽しくないだろうな。

 

 

 

  

Cocolog_oekaki_2010_09_23_23_00

綺麗なだけで

綺麗だねって

通り過ぎてゆくより

なんかおかしいねって

立ち止まりたくなる

ものが好き。

 

 

夢を見るの

彼と彼女とわたし

だいたいどこかに

水があって。

  

夢の中では

選ばれる

  

現実で

いらない役はわたし。

 

  

  

 

 

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2人のストーリー

いかん。

PVを見て

不覚にも涙が出ちまいそうだ。

     

なんて退廃的な歌に

なんて退廃的なPV・・・・。

  

  

笑っちゃだめだよー

そこでー。

  

  

   

Cocolog_oekaki_2010_09_20_23_24

  

  

  

なんだか

ばかばかしいほど

可笑しくて哀しくなるね。

  

   

うん。そうだ。神田川だな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スロウ・ステップ

   

  

ロウ

  

ステップで

  

あなたの姿

  

  

ロウ

    

ステップで

  

あなたの手をとり

    

   

ロウ

  

ステップで

  

瞳をあわせて

  

  

ロウ

  

ステップで

  

踊りましょう

  

 

ロウ

  

ステップで

  

二人は恋人

  

  

ロウ

   

ステップで

  

  

ロウ

  

ステップで

  

   

その時だけ

  

二人は恋人

  

   

できるでしょ?

  

世界で一番

  

幸せそうに

   

   

    

  

ロウ

   

ステップで

  

  

  

  

できるわよ

  

世界で一番

  

幸せそうに

   

  

   

音が鳴り止むまで

   

    

それはいつ?

  

   

    

それはわたしには

    

決められない

   

  

   

曲が終われば

  

  

終わりなの

  

  

  

  

  

ロウ

    

ステップで

Cocolog_oekaki_2010_09_20_00_24

   

いつものその

微笑みは

   

他のひとに

おあげなさい

  

  

   

  

    

  

    

   

  

   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

よくできている

こまんたれぶぅー

ぷっぷぴどぅー

  

まちるだです。

  

わたしは

  

よくできている

  

言う言葉が

かなり好きみたいです。

 

  

夜の次は朝が来るんだって

  

よくできてるねー。

 

雨の次は晴れが来るんだって

  

よくできてるねー。

 

花が咲いたら実がなるんだって

  

よくできてるねー。

  

地球はまわるんだって

  

よくできてるねー。

  

注射が痛くてさあ

  

よくできてるねー。

  

失恋しちゃった。

  

よくできてるねー。

  

犬が鳴いてるよ

  

よくできてるねー。

  

上司がむかつくんだけど。

  

よくできてるねー。

  

あの娘と喧嘩してさ

  

よくできてるねー。

  

今度結婚するわ

  

よくできてるねー。

  

昨日買ったスカートなんだけど・・・

  

よくできてるねー。

  

この料理がさあ

  

よくできてるねー。

 

あそこのコード進行さあー

  

よくできてるねー。

  

君はさあ

  

よくできてるねー。

  

人生ってさあ

  

よくできてるねー。

   

人間ってさあ

  

よくできてるねー。

 

  

タモさんの

いいですね。

みたいなノリになってしまった。

  

  

   

よくできてるねー

よくできてるねー

よくできてるねー

  

  

  

あはは。だんだん

腹たってきた。

よくできてるねー。

Cocolog_oekaki_2010_09_17_21_24

 

よくできてる。だけじゃ

つまんない。

  

  

とは言えよくできてるね。

  

  

つづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

じれったい愛

ぽろろん。ぽろろん。

じゃるり。じゃるり。

  

  

目覚めに雨の音が絶え間なく鳴っていると

目覚めが快適。

  

  

ここんとこは

よくフラレタ。

  

  

雨のふりはじめには

しょっちゅう遭遇

よく濡れた。

  

  

いいんだよ。

それが。

テンション上がってる。

今日なんか傘をさすのが

嬉しくて。

   

    

一気に秋の空気になったね。

すごいつかまれるね。

    

何かを思い出しそうで

思い出さない匂い。

  

   

ただそこに

温もりがあったような

気がするだけの

匂い。

  

  

ただそこに

温もりがあったような

気がするだけの

メロディー。

  

  

  

喧嘩をしたのがひどい間違えなのか

仲直りをしたのがひどい間違えなのか

  

  

謎にかけられた。

 

  

何もかんも

じれったいことだらけだけど

今は染みこんでくるのを

待ちましょう。

そんなんも楽しめるように

なりたいわ。

 

  

  

わたしに染みこむ秋。

  

  

だし味噌しょうゆで

煮込んで染みこませれば

だいたい幸せになってしまう秋

  

  

きのこだね。豚肉だね。ほうれん草だね。

  

  

ねぎ!!!

 

  

  

もっと君が染みこめばいいのに。

わたしはだんだん頑固になる。

優しい味まで

道のりはけっこうありそう。

  

   

高校のときの友達と

この前もう10年だねって言っていた気がするのに

大学の友達と

もうすぐ10年だねって

話になって。

 

  

10年って短いもんだと

知りました。

全然足らないもんだと

知りました。

みんなのことも

世の中のことも

何もしらないと一緒だ。

  

  

まだまだ世間知らずー。

何も知らずー。

  

   

わたしは世間の9割を知らずに

死ぬかもしれない。

君の3割ぐらい知れたら

よくやったと言えるだろう。

  

   

夜が長くなる。

見えないまんま

捕まえておくれ。

  

  

  

  

本日のおうた

「10 years」

あれから10年もこの先10年も

行きづまり うずくまり

かけずりまわり

この街に この朝に

この掌に

大切なものは何か

今も みつけられないよ   渡辺美里

わかんないけど

案外もう見つかってるんじゃないかと。

わたしは知ってるんじゃないかと。

何よりじれったいのは

わたし自身だってことも。

だが。待て。

あいつはカプカプ笑ってら。

  

  

   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

君の瞳は七色レンズ

    

誕生日におうたをもらった。

聞きながら眠りについた彼女

そして1人の彼女は消えた。

 

  

シーンは変わる

 

 

彼女は目覚める。

いつも通りの畳の部屋

おかしいのは天井

そこには夜が広がっていた。

  

星を見ながら彼女は

扉をあけた。

  

一歩踏み出して

  

落ちた。

  

どんどん落ちた。

生暖かい風が

顔にかかる。

服の中にも入ってくる。

ピンク。水色。黄色。グリーン。むらさき。

責めてくるように

色模様が視界をふさいで

流れていく。

  

  

手が何かに触れたと

思った瞬間

真っ暗になり

お尻がついた。

見渡せば無数の鏡。

何人もの彼女が映る。

  

  

彼女はもう1人の彼女を選んで

近づく。顔が大きくなる。

もっと近づく。

目が大きくなる。

目が大きくなる。

目玉が大きくなる。

水晶体。真黒なはずが

ブルーに変わっていく。

  

まだ膨らむ。

まだ膨らむ。

大きく大きく膨らみ

玉は

飛び出してしまった。

  

  

転がってきた

目んたまの石を追いかけて

彼女は走った。

  

  

  

走りながら

片目をなくした彼女は

ランダムな映像を見る

肉を食らうライオン

深界に潜む魚の口

鳴きだす赤ん坊

虫の死骸に群がる蟻

爆弾に燃えていく街

背中を丸めたはだしの老人

白いシーツと脱ぎっぱなしの下着

ヨレヨレになったお札

カラを踏まれたかたつむり

新聞紙が印刷される

紫の空 

   

   

そして

  

  

まわる風車

 

  

  

  

追いついたら

朝日が

  

  

   

昇っていた。

  

  

  

ではではそんなところで。

  

  

   

久々に

電撃くらった

まちるだでした。

  

  

ケンタッキーの

サイドメニューが好きです。

 

  

  

さよけ。

 

  

  

感染させてあげようか?

 

 

  

   

本日のおうた

「2人のストーリー」

生きてる

それだけが

代わりのいないストーリー

いつまでも君の横顔を見ていた  YUKI

それとこれとは別のお話。

買ったにょん。さっき。

もうエロだな。

さあ。寝るべ。

わたしは消えていない。

生きている。それだけが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

集団ヒステリー

   

秋の入り口

柔らくなってきた

日差しを浴びて

色鮮やかに

ひたむきに

命を咲かす

花を見つめ

愛する人の手をとり

その温もりから

生きる喜びを知ったのです。

  

   

何ていうと思ったの?

  

  

  

めでたく雨も降ってきたところで

めくるめく

病んでるナイトのはじまりです。

  

  

あなたもご一緒にいかがでしょうか?

  

  

人の文章捕まえては

病んでる?って

いえ。これが通常です。

  

   

   

もう開き直り。

  

    

    

病んでると

いわれてもかまいません。

頭おかしいと

いわれてもかまいません。

根暗でじめじめしてると

いわれてもかまいません。

  

   

今のわたしは

そのあたりの

価値観が

よくわからなくなっています。

  

  

   

   

最近のニュースはいかがでしょうか?

病んでるのは

わたしばかりじゃあありません。

真面目で神経質でありながら

集団行動の多い日本人は

静かにじわじわと

集団ヒステリー状態に

入っていくわけです。

  

  

そうなったらえらいこっちゃ。

真面目な分

狂うとこわいの日本人。

  

   

でもちょっとこわいですよね。

最近のニュースはほんとに

そんな気配もふつふつと

させるものが多くて。

  

  

   

で。何の話でしたっけ?

病んでると。

このわたくしめが病んでると。

  

    

人生長いんだし

一回や二回病むぐらい

許してくれや。

  

  

まだ長い。

授業中に

居眠りしていて

起きたのに

まだ授業終わってないのよ。

そんなかんじよ。

  

  

  

そしてわたしは

コンビ二で先ほど

珍しく

買ってきた

ドクターペッパーが

蓋を空けた瞬間

炭酸が溢れ

こぼれるのを

拭きながら

生きる喜びを

感じるわけです。

  

  

    

そんなこんなで

おめでとう。わたし。

合言葉はBD914。

  

さらに汚れて

さらに溺れて

さらによろよろ。

  

  

そして

さらに

ヒステリックに

愛しましょ。

  

  

  

  

Cocolog_oekaki_2010_09_14_00_49

   

夜が明けたの?

  

  

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夜鳴く鳥は夢を見た。

ほああああああああああ。

ふわああああああああああ。

  

  

今日は

もうなんだか一息つけて

それだけで

泣きそう。

  

ただだらだらしていた。

  

穴を開けて

一気に空気抜けるかんじ。

  

ここんとこ

毎日緊張しっぱなしで

ちゃんとしなくちゃ

間違えちゃだめ

覚えなきゃとか

明日のために寝なきゃとか

明日はこれやんなきゃとか

あー今月はもう何日なのに

とか

いやな状態に

はまりまくっているわけで

  

もう頭をぼーっとさせた中で

言葉書いたり

絵書いたりだの

できなくなると

ストレスできゅうきゅう。

  

  

きゅうきゅうしすぎで

肝心なときに

頭働くかなくなるし。

  

  

こうやって書くのが

すっかり

リラックス方法に

なっている。

  

  

料理も

ルーチン業務じゃなく

久々に母としゃべりながら

ゆっくりつくれると楽しい。

  

  

明日はどこか水辺に行こうかな

水がないと

水がないと

  

水が見たい

水が見たい

  

  

乾くのはやーよ。

  

  

日本の風土じゃ

海外のように

ほんとに乾いた気質ってのは

つくられないって

言うけど

それはほんとだと思う。

  

  

でも日本の中でも

どちらかというと

乾いている性質の人は

自分が乾いていることに湿ってくる

湿った性質の人は

自分が湿っていることに乾いてくる

  

  

それが年季っつーもんかな。

  

  

成熟するって

それがよく混じっている

時期のことを

言うのかもしれない。

  

  

一人でも

たとえば家族でも

ずっと見つめていると

人間って面白い。

  

  

ふっとあるとき

変化していたりする。

  

  

そんなふうに

話したいことはたくさんある。

たくさんあるけど

少しずつしかまとまらないから

少しずつだす。

  

  

人生って持久戦です。

Cocolog_oekaki_2010_09_12_00_10

 

  

わたしは

人間が好きです。

  

  

わたしが直感だと

いっているのは

きっと直感でも

なんでもなく

ただ日々拾ってきた

みえないものを

きっと働かしてるだけです。

  

  

今好きな言葉は

  

続けろ

  

  

  

好きでいてよかった。

そう心から思える日は

きっとくるのです。

  

  

秋の夜は

あらゆるものが

鳴きたくなるのです。

  

  

  

わたしも。

 

  

  

  

本日のおうた

「AND YOUR BIRD CAN SING」

when your bird is

broken will it bring you down?

You may be awoken

I'll be round,

I'll be round   

見えない。

聞こえない。

手に入らない。

でもあなたのそばにいるのよ。 THE BEATLES

だらだらしたくて

目的の漫画のあったすぐそばに

「僕はビートルズ」と言う漫画があったので

ついつい買ってしまった。

タイムスリップ。ビートルズの曲を

ビートルズが出る前に世界に出したらどうなる?

え?どうなの?続きが知りたい・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

合言葉はBD9X4

  

  

お久しぶりです。

まちるだです。

  

  

なんやかんや忙しくて

あんまりお話できないのが

さみしいですね。

  

  

あついんですね。

あっつINですね。

あっTWINですね。

ご休憩ですか?

頭もおかしくなりますよ。

  

  

犬だったら

一芸ぐらいしてみればって

僕には

何も芸がなかったから

ひたすら待っただけなんだ。

だらしなく舌はたれさがり

首もたれさがり

目もしょぼしょぼとしてきたけれど

それでもなお

待っていただけなんだ。

  

  

君が言っていた虹は

ここから見えるのかい?

  

  

  

  

そしてわたしは

いつも通り

バスを待つ。

  

  

やせこけた三毛猫と

一緒に

ベンチでタバコを吸いながら

バスを待つ。

  

  

真っ白なやつが

来たならば

虹色に

虹色に

塗りつぶそう。

 

  

  

真黒なやつが

来たならば

たくさんの星と

惑星を

渦巻きを宇宙を

描こう。

  

  

  

そして時は近い。

また生まれるよ。

  

  

  

今日も

ストーンストーン

言葉は

零れて石になる。

  

   

お遊びは終わりだ

  

  

  

夏も

祭りも

夢も

君も

僕も

終わりだ。

  

  

  

早く朝だと言ってくれ。

 

 

 

必死で出ようとしても

   

夢の中の

登場人物のはずが

  

君が

  

どこにでもいるから

わたしは目覚めない。

 

  

  

天国は

地獄の中に

あるのかもしれない。

  

  

  

  

Cocolog_oekaki_2010_09_07_00_50

なんで平気なのって

それを辛いと言うには

わたしにはやっぱり

理由が足りないんだよ。

 

  

ああ。まだごちゃごちゃしてる。

 

  

 

  

 

  

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »