« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月

嘆きの夜。

最近

またYUKIちゃん

LOVE

熱が高まってきている

まちるだです。

         

そのくせ

オーチャードホール知らなかった・・・・。

選曲見て

驚愕・・・・・。

好きな歌ばっかじゃん・・・・。

すごいいい選曲・・・・。

       

デーブイデーにならないかな・・・・。

   

   

    

ここんとこYUKIちゃんがシングルで

出していた曲のかんじが好きでねえ。

  

  

   

そーゆー曲が集まった

ライブ見たいと思っていたら

オーチャードホールとは・・・

最高ではないか。

ああ。ああー。

   

  

    

ああ。好きだあー!

  

  

  

  

誕生日国際フォーラム

すでに落ちたが。

何が何でもとりたくなってきた。

  

  

  

YUKIちゃんと誕生日をー!!!

  

  

  

   

本日のおうた

「朝が来る」

さあ!愛の才能

気付けないまま

穴ぐらへ逃げるのは罪よ

美しい場所 塀の向こうを

爪先立ちで見てる    YUKI

もう声が聞いていると

すげえよい。

この人は不死身か?

と思いたくもなってしまう。

年の価値観とかもおかしくなる。

新しく新しくなる。

もはやミラクル。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

愛よりビブラートをくれ

うやうやがたまっていくと

夜中に

知っている歌の好きなフレーズを

頭に浮かぶまま

次から次へと歌っていく。

隣の隣の部屋にいる

兄にはまったく

迷惑な話である。

嫌がって下の部屋に下りたり

のぼっているのがわかる。

一時間。ひどい時は

二時間ぐらい延々続く。

気が触れたと思われてもまあ仕方ない。

窓なんか空けてたら

確実に次の日は苦情パレードだろう。

うちは窓を空けるとすぐビルがある。

まったくせせこましい。

たくさんの歌詞が

千切れてはくっつく。

あーあーあーあーあー。

一人でカラオケ一時間半

マダマダゼンゼンタリナイヨ!

お歌で漬物にされたい。

もっと体に染み付いてくれ。

     

    

本日のおうた

「レイニーブルー」

レイニー ブルー

もう終わったはずなのに

レイニー ブルー

何時まで追いかけるの

あなたの幻 消すように

私も今日は そっと雨    徳永英明

父が家で仕事しながら

徳永英明が色んな人の

カバーしたアルバムを

ずっとかけているんです。

ええ。もはや一年ぐらいか一年以上か。

しっかり聞かないで流しているだけとは言え

よく飽きないで聞いていられると思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

樹海の糸

だめならだめって

体でわからせて欲しいのに

   

どうして沈みきれず

わたしを揺さぶる。

  

  

   

  

森はいつのまにか

緑の葉が消え

細く繁った無数の枝には

蜘蛛が出すそいつみたいな

白く細い銀色に輝く

やわい糸のようなものが

たくさんたくさん絡みついているの

  

  

空から飛んできた小鳥も虫も

みんな絡まり

もがいて

ついには静かになってしまった。

  

   

なぜわたしはここで一人だけ

うごめいているの

  

  

   

わたしには羽根がないから

捕まりもしない。

  

  

夜になったらモグラとネズミとミミズと

糸に絡まれた森の

上に昇る

月を眺めるの

 

  

   

    

  

月よ。わからせてくれ。

お前は自分の力じゃ

輝けない。

  

  

Cocolog_oekaki_2010_06_26_02_19

  

  

   

   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ほら来夏。

近頃スカートをぜんぜんはかないわたくしですが

  

夜はゆるーい安ワンピを着て寝たり。

楽ちんだからん。

   

A:あつくなってくると

B:べたつく素肌と

C:こそっと擦れるタオルケットや毛布が

D:だるだると

気持ちE~もんで。

 

  

Cは違うか・・・。

  

   

まあ今宵の遊びは

さらさらっとな。

  

   

ああ。切ったばかりのショートが

いいと公言したばかりでしたが。

多数決の原理により

たまにはロングヘアに向けてみようかと

思っています。

  

  

   

耐えられるかなあ・・・・。

 

  

  

さらさらっとでない

わたしの黒髪。

 

 

 

話は変わりまして

 

 

 

  

ぽららいか。ほら来夏。

ライカさんって方に会ったんですよ。

   

    

おっ縁起がいいと思いました。

  

  

  

字は残念ながら違ったけど。

  

   

名前もたまには変えられると面白いんですけどね。

昔の人って苗字から

変えちゃってりよくあったりしますよね。

   

    

ある日みんな名前がなくなったら

どうするのだろう。

なんて呼ばれるのだろう。

  

  

  

まちるだ

ぽらりすと

ぽらりー

ぽらいか

ぽららいか

  

  

面白いもんですよ。

どれもわたしです。

  

   

    

ああ。まあ。どうでもいいよね。

ほら。来夏だし。機嫌がいいんだ。

  

   

本日のおうた

「夏が来て僕等」

うばわれた声に耳を澄まし

自転車で知らない街まで

終わりなき午後の冒険者は

夏に疲れるなんてそれは

とても罪なこと      真島昌利

買おう買おうと思って買っていないアルバム

今年こそは来月こそは

買うぞー!!

さらっとした肌触りに

ぎゅって締めつけられたのさ。

   

    

    

     

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カウント

恐れはしないって

のはどーゆことだろう。

   

あたしは今たくさん計りかねている。

  

   

最適の距離感とか

個人スペースみたいなものは

必要だろうが

  

    

それをきっちり守ると

それ以上にはならなくて

でも自分でそれが必要だと思えば

やっぱり必要かもしれないし。

でも無関心にそれを飛び越えてくる人は

それはそれで

仲よくなるかもしれないし

悪くなるかもしれないし

わからないもので。

  

  

ただわたしは

もう少し守りたいと思ったわけで

ただ一回それを越えてしまうと

バランス良くやりきれない

わたしはまたそれをうまく守れることが

できないんじゃないかと思って。

  

   

わたしも考えすぎず

踏めばいいのだろうか。

  

   

描かれたマリアはその身を

踏んでもいいのよと

語るらしい。

  

   

   

何か色々はかりかねている。

  

   

   

とりあえず自分の写真でもとって

踏んでみようか。

  

  

  

あたし写真ってあるものをそのまま撮るのだと思っていたし

写実画ってのはあるものを切り取るものだと思っていたし

 

 

 

でも違って

撮ったらそれは別のもの

描いたらそれは別のもの

 

  

になるんだなあってことを

ちょこちょこカメラを持ちながら感じたわけですよ。

ぜんぜん間違っていたんだっちゃあ。

 

 

 

だから余計に肉眼で映るものは

よりすばらしく見えるわけで

相乗効果よね。

  

 

  

わたしは今色々計りかねている。

  

  

   

できることなら

あらゆる

カウントに入れたくないと

入りたくないと思う。

でもそれは逃れられない。

生まれたときから

カウントされている。

 

 

  

乾きすぎじゃない?って言われたけど

今は乾いていたい。

  

  

    

そしておなかはまったく逆で

こわれている。

 

 

  

流れる流れる~。

  

  

   

腹の底まで数えないで。

 

 

  

Cocolog_oekaki_2010_06_23_01_20

おもしろいこと

無意味であればあるほど

おもしろいこと

| | コメント (0) | トラックバック (0)

グルーブ

しっかりと頭を切り替えて

       

いや違う。

切り替えてしまったら

離れていく。

         

いかにして切り替えずに

スイッチを押さずに

だらだらと潜っていけるか

呼び声さえも

聞かないで

視線なんか

無視して

気がついたら

鼻歌うたってるか

ぶつぶつひとりごちっているか

そんなぐらいになってしまえばいいじゃあないか

     

        

なんでそんなことと

戦っているのかって

結局君はどちらにつきたいのかって

毎日変わるんだ仕方がなかろう。

見るものにつけ触れるのもにつけ

毎日変わるんだ仕方がなかろう。

      

       

ズラとかつけずに

気分で髪の毛が一気に伸びたり

短くなったりすればいいのに。

      

         

風呂上りのショートカットは気持ちいい。

切りすぎたかもしれないけど

濡れてもすぐかわくから

そのまんまの状態でほっておけるのが

すがすがしいわ。

かわいてふわふわするより

とゆーよりあたしの髪はあまりふわふわしないが

濡れてぺたぐっしゃなのが

好き。

      

        

真面目にきちんとと思えば思うほど

奥底は不真面目に

なってゆく。

将来の役に立つことをしなきゃと

思えば思うほど

奥底は無駄好きに

なってゆく。

       

         

TVでガラクタをゴミ箱から拾ったり

ガラクタのようなものにお金をはたいて

家中をいっぱいにしている

おっさんがいて奥さんを怒らせていた。

        

          

まあ自分も根本はその人と

そんなに変わらないんじゃないかと思う。

ガラクタを集めているだけかもしれない。

集めていたいだけかもしれない。

       

          

興味がないわけじゃあないんだけれど

あらゆることの

必要性から

疲れている空間で

作ってるような

そんなもんだ。

        

         

でもその空間がないと

生きてはいけない。

       

           

綺麗でまっすぐな

必要性だけだと

苦しくて苦しくて

息ができない。

        

         

グルーブを

溝と言うなら

わたしは生きる溝だらけ。

       

         

Cocolog_oekaki_2010_06_19_05_44

風と雨が混ざって歌うよ。

今夜は寝ないかもしれない。

空いた溝を埋めよう?

ふがいないから?

増えてく一方だろ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

危ぶまれる空間

つつじの葉っぱに

雨がたくさんあたる様子が

雨を空から笑って受け取っているみたいで

なんだかきゅんとしてしまう。

     

空から受け止めるのよ。

空から受け止めるのよ。

      

バスの窓に

雫がくっついて

たくさんの線になって

流れていく様子を

何度も何度も繰り返し見ても飽きない。

      

たくさんの丸い粒がくっついて

固まって大きくなって

重くなって

流れていく

      

それが大好きで

大好きで

       

水の粒と水の粒が

くっつくその瞬間が

たまらない。

            

一瞬で

みょんとくっついて

大きくなる。

          

ふたつだったのが

             

さもひとつであったかのように。

さもひとつであったかのように。

                

            

突然存在する。

            

その様は何度見ても懲りず飽きず

              

        

          

ああ。ああ。ああ。ああ。ああ。

ああ。ああ。ああ。ああ。ああ。

               

あめ。あめ。あめ。あめ。あめ。

あめ。あめ。あめ。あめ。あめ。

               

どこまでよ。おしえてよ。

そんなに簡単なことなの?

            

わたしは、あなたは、きみは、ぼくは

いつまでもいないのに

いつまでのいないのに

           

どこまでよおしえてよ。

いるのいないの。

そんなに簡単なことなの?

ひとつじゃとても説明がつかないわ

そんなに簡単なことなの?

ひとりのときでさえ

わたしだけじゃ説明がつかないわ

そんなに簡単なことじゃない。

                

あなたがいるそこにさえあたしはいるし

あたしがいるここにさえあなたはいるし

                 

降る。降る。降る。降る。降る。降る。

        

        

           

ああ湿気が体にまとわりつく。

危ぶまれる境目。

そんなに簡単なことじゃないわ。

                

           

            

Cocolog_oekaki_2010_06_19_00_35

| | コメント (0) | トラックバック (0)

でんでんむしむし

明日買おうと思ってた緑のコート

今日誰かがそれを着て笑っている。

明日言おうと思ってたあの人

今日彼女の隣で笑っている。

 

  

  

さあ

それを縁がなかったのねと

笑い飛ばすか

ほんとは欲しくなかったんだよと

強がりを言って影で泣くか

いや。

なんとしてでも手に入れると

粘るか

  

   

道はただくねくねと続くだけ

教えてはくれないわ

  

  

  

この目に映るのは何。

   

   

   

今はただすべてがぼやけて

雨のせいか

すべてがぼやけている。

   

  

明日も雨です

当分はぼやけている。

  

   

   

最後を思い出そうにも

生きてるうちは

最後じゃあないから思い出せない

  

   

   

六月の雨に光る

紫陽花を見つけた。

  

   

   

でんでんむしむしかたつむり

お前の頭はどこにある

  

   

   

あたしの頭はどこにある

  

    

    

   

本日のおうた

「かたつむり」

でんでんむしむし

かたつむり

おまえのあたまはどこにある

つのだせ やりだせ

あたまだせ        

作詞作曲者が不明かな?

調べてもよくわかりせんでした。

小説でかたつむりを

踏みつぶす子供の話があって

さすがに気持ち悪かった・・・・。

好きで飼ってたからなあ

   

    

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雨のまちを

憧れと言う名の

靴が擦り切れたとき

君は裸足でどこへ行こうか。

     

はいな。

まちるだでんな。

   

    

梅雨入りですって☆

  

    

雨の音に埋もれていくのは

ものすごく好きです。

   

    

紫陽花を京王線沿いとか

先輩の住んでる駅周辺とかで

いっぱいみかけよった。

  

   

よかとよーよかとよ。

   

   

マゼンタに近いピンク

薄淡い紫

白味の強い水色

ブルーブルーブルー。

   

    

紫陽花の海に沈みたいな。

   

   

これほど

雨に似合う花はないと思う。

    

     

昨日は予告どおりパインズマインズ企画

ライブを見に行きました。

   

    

とおーってもよかったです。

   

   

なんか長い間見ている人たちが

みんな集まって一気にみれて

知り合いの人たちもたくさんいて

どのバンドも個性出て盛り上がりー

    

    

個人的には昨日は

中井大地さんって方の歌が

よかったなあ。

    

    

かわいらしいんだけど

ふよんとさみしくて

でもなんかどっしりしてる

  

   

今どっしり感っての

あこがれるのだ

   

     

間、間も歌とかあって

ずっと見ていて楽しくて

聞いてて楽しくて

いいイベントでしたー。

実に華やいでいましたね。

    

     

まぶしいヴェールが張っていたな。

    

      

まず探すのを止めることかな。

       

         

そこには雨のまちの入り口。

    

     

先輩のうちでいただいた

オリーブの実が美味しかった。

    

      

望まないほうに望まないほうに

導かれるんであれば

それはそれで。

受け止めるしかないんでしょう。

   

    

     

この肩にそれを受け止める力を

      

      

       

時々マッサージ行くたび

ぱんぱんに張ってますって言われるの・・・・

だいじょーぶか。この肩。

ええ。意外とブログひとつ書くために

2~3時間はざらなんです。

     

     

       

本日のおうた

「オーシャン」

おれは海をこえて 明日に手をのばした

君にさらわれ 明日に消えていった

さあ還ろう どんな服をきて

さあ還ろう どんな目をして  パインズマインズ

みんなで一気に歌う曲なので

圧巻されます。

スケールでかくてかっこいい。

ざぶんざぶんとやってくれ。

ざぶとん広げて。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

そして群青

母に

とがりが取れたねと

言われました。

  

よくわかるねと言いました。

   

でも取ったんじゃなくて

取れたんです。

そうとしか言いようがなくて。

    

おかげでほやーっとしています。

    

ほやーっとした頭だと

すらすらっと文章が流れてきそうなきもしますが

これが案外やっぱり向き合うと

ぷつぷつとしています。

      

美しいものは美しくまとまってしまうと

美しい印象だけが残ります。

汚いものは汚くてまとまれないけど

細部の印象まで鮮烈に残ったりします。

      

あの空の群青は

何かが浮かぶから

より一層映えるわけでありまして

群青が群青だけで広がっていても

その感動は

鮮烈までもいかないのかもしれません。

         

染め上げてみたいんです。

群青に。

            

端から端まで

端なんかないと言われ

はみだしたらそのままで

ひたすら

群青で埋め尽くしてみたいんです。

               

わが志す方へ一直線に走り

用があるほうへ用があるほうへ走り

一刻も早く屋根のあるところへ

たどり着かなければ

生涯の恥辱である如き態度で

           

夏目さんのちょっと省略引用です。

                    

それを見てるのは疲れて

ほやーとして

でもその代わり焦点が合っていなくて

群青が頭に広がっているのです。

                  

浮かぶのは誰でもいい。

                 

僕はその背景を塗りつぶしたい。

      

      

       

君が鮮やかに浮かべるように

   

   

   

本日のおうた

「Y氏の夕方」

三寒四音の社会には

休憩だって必要だろ

何回繰り返した逆上がり

さびくさい真っ赤な手のひら

赤い赤い夕日が

もう一回 やってみっかって

そう思わせたんだ       チャットモンチー

友達が最近鉄棒にはまってるとか

なんだか思うんです。

人生の中で学んでいくことや感情の種類は

もちろん細かく言えばそれこそ人の数だけ

でも大まかに言えばだいたい同じなのでは

と思うんです。

でももっと生きなきゃそれはわかんないかもな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パンドラと孫悟空

そう。

   

パンドラの箱の

最後に残ったものが

予兆だろうが

希望だろうが

つまりが

最後のそのひとつがあるために

人間は絶望し続けない

  

  

絶望し続けないで

わからない明日に希望をかけ

生かされる。

 

  

で、

結局それが

誰かの匙加減で

あっそろそろ絶望に向かうように

しよう。

なんて操作されてるのであれば

  

  

僕らみな孫悟空。

  

 

所詮は手の中でもがくように

終わらないように

仕組まれているわけで

 

 

 

それがここまで人類滅亡せずに

続いている理由であったとして。

 

 

 

で、

時々わたしは

お仕置きのため

頭を締められるわけで

締められたところで

改心なんかできねーよっと

思うわけであり。

 

 

 

ようは根拠無く希望期に転じつつある

わたしは

パンドラの箱を開けた

孫悟空気分であり

今日も元気でありますと

 

 

ただそれだけです。

 

 

 

そこまで考え出した

人間の想像力ってすばらしい

ああ素晴らしい。

ああ無常。

 

 

あの女にだけは手をだすなって

きゅんてしちゃうね。

 

 

 

おら。来るならこい。

無常くん。

 

 

 

最後のひとつは無常だった?

ちがうちがう。

 

 

最後にひとつは

うただようた。

それでいいよ。

 

 

 

そして過去も未来もくっついた

一日は終わる。

 

 

 

終わらせるのは

誰の手で

 

 

  

おやすんみ。

 

 

 

本日のおうた

「やぁ無常」

明日は夜が明けるよ

破れかけた運命も

ここは今どこなんだろう

どこまできたんだろう

後ろをついてくる

よく似た影法師     斉藤和義 

振り向かないで

それはわたしがもらうから

決して振り向かないで

振り返るな振り返ると終わり

この世はそんなもの

おっ雷。

やあ派手な演出でいらっしゃい。

そんな私も後ろ姿で判断されたら

振り向けません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハートの種

ハラヒレホ

ハトタイヘン

最近は新聞も

ちょこちょこ読むまちるだです。

  

     

TV欄からパワーアップ!

  

  

不思議なんですよね。

    

わたしはノートに言葉を書きなぐり

しかし書きなぐったのは

あくまで端的であり断片であり

   

    

それがここに向かうと

まとまってきて

   

なんとなく構成ができて

   

なんとなく行間ができて

   

なんとなく筋っぽいものが通って

   

   

さらになんとなく言葉が増えてくから

面白いのだ。

   

   

種からぴょこっと

芽が生えて根が生えてにょきにょきって

感じが

自分でつかめるんですよね。

    

    

調子がいいときゃ

導かれるように

言葉がぽんぽんと溢れてくるし。

    

    

いっぱい集めてるんだよね。

種。

   

   

いっぱい集めてるんだよ。

   

    

今は詰めこみすぎて

苦しいかもしれないけど

   

  

きっといつか感じられるさ。

  

   

にょきにょき。

  

    

堂々巡りではなくて

堂々と巡れれば。

   

   

    

巡って巡って

また出会った時

また好きだと感じた時

喜びは一気にこみあげて

胸いっぱいに体いっぱいに

広がって広がって広がって

    

     

     

わたしになる。

   

    

    

わたしはそれを牛並に反芻したい。

   

   

   

ああウシも今はタイヘンだけれど

   

 

  

在るだけの夜に潜む

幸せの種。

  

  

  

集めてるんだよ。

  

   

   

そう。出口ではなく

入り口も見えない。

こんな夜にも。

   

    

誰かに届けられるといいな。

   

    

     

Cocolog_oekaki_2010_06_02_23_15

   

    

アートじゃないよ。ハートだよ。

   

    

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »