« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月

歴史小説入門

そしてわたしはブームに乗っ取り

司馬遼太郎。竜馬がゆく。

を読破。

   

     

わたしの歴史力なんてのは

ひどいもんです。

         

歴史小説を読んだのも

これがはじめてくらいかも。

         

これが

面白い。

   

   

歴史小説が苦手だったのは、

      

なんだか生きている人が

死んだ人の人生を

つぶさに追いかけていると

いうことや

    

     

そこに劇的なドラマを

つくりあげるところが

    

     

なんとなく悲しくて

苦手だった。

   

    

もちろん読みながらそんな気分になりもしたけど。

     

     

単純に読み物として面白かった。

     

司馬遼太郎っつーお方は

     

わたしが「小説家」に抱いている

イメージとは違い

「職人」って感じで

すばらしい職人の技を見た気持ちに

させられた。

    

     

とても鮮やかで爽やか。

そしてわかりやすい。

わかりやすいのは好き。

     

     

何で読もうかって思ったかって

     

        

ってなんじゃろねって疑問が

最近ぽこぽこ

頭に浮かんでくるから

      

        

読んだらちょっと

もやが晴れてきた気がした。

  

    

    

あいつはとっくに知っていたんだ

面白いことがなにかってことを

あいつはとっくに知っていたんだ

さっさとこの世を去ってしまった

    

    

後は追うだけさ

あいつのことを

拾うだけさ

あいつの落し物

    

     

簡単なことさ

誰でもできるだろ

    

     

あいつの前には

誰もいけやしない

誰もいけやしない

誰もいけやしない

       

のさ

      

     

      

でも拾う。

明日に投げるために。

歴史ってのは

そんなものかな。

  

    

うん。面白い。

   

   

わたしは拾うのが趣味ともいえる。

   

    

それは過去からであろうと

今からであろうと

未来からであろうと

    

     

乞食のごとく拾う。

それが毎日の宿命。

     

     

    

本日のおうた

「歴史」

歴史 SONG 歴史 SONG

大いなる歴史の中で。

歴史の末裔だるぼくら。

残された時間の中で

ぼくら 死に場所を見つけるんだ。  エレファントカシマシ

鴎外が好きみたいですね。

歌手の中で

こんなに歴史やら武士やら

アピールする人も珍しい。

漢。

       

       

       

| | コメント (0) | トラックバック (0)

リアリティ

それは僕の心臓ではなく

僕の心に

   

    

脳みそで

全部処理されてることと

言ってしまえば

ちょっと面白くないだろう

   

   

分析したいやつはすればいいし。

でも分析者は分析者であって

それは何か真ん中から

ずれちゃってる気がするんだよ。

  

  

撃つか撃たないか

  

撃たれたか撃たれないか

 

   

  

ほんとはそんなシンプルなことだろう。

  

   

心の中の風景は

現実の風景と

繋がっているってさ。

  

  

そういえば

わたし三人目の予知夢を見たんです。

高校時代のバイト先の子が

一週間ぐらい

やたら夢に出てくるようになって

   

   

まさか・・・これは・・・・くるなと思ったら

やっぱり街で偶然会って

その日以来

その人の夢はぱったりみなくなりました。

   

   

   

はじめの二人は

高校のときの同級生

しかもあんまり仲いい人たちじゃなくて

余計不思議だったけど。

    

    

   

地元の力か

わたしの力か

果たして。

   

   

  

次は誰に会うのかな。

 

  

今度は知らない人の夢を見て

未来で会ってみたいもんです。

 

 

 

あなたは撃てる?

 

 

 

それは私の心臓ではなく

私の心に

 

 

刺さった

 

 

  

本日のおうた

「十四才」

それは僕の心臓ではなく

それは僕の心に刺さった

リアルよりリアリティ

リアルよりリアリティ    ザ・ハイロウズ

プレイバック!ヒロト!

昔聞いたときはそうでもなかったのに

いきなり撃たれたり。

やっぱこの人は映像か生で

みないと。

この歌を生で見たいー!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

I LOVE YOU

もう細かに

賽は投げてある。

   

    

後はどうなろうが

知ったこっちゃない。

  

   

    

みんな好きよ。

表も裏も同じこと。

  

    

また会えるか

会えないかは

  

  

気持ち次第。

  

  

  

おはよう

こんにちは

おやすみ

ただいま

お帰り

お疲れ様

   

    

    

続けるか

続けないかは

  

    

本人次第。

   

    

     

ハロー

グッバイ

    

    

     

どちらを選ぶか

あなた次第。

  

    

    

    

後は風に気持ちよく

揺れるだけでいい。

   

    

    

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ツーカー

だからさ

うん。

なんてゆーんだろうか。

うん。

わからないっておもしろいよね。

うん。

でもなんかわかるんだよね。

うん。

そんな気がするだけかもね。

うん。

そろそろだね。

うん。

 

 

 

 

それじゃあまたね。

うん。

 

 

 

Cocolog_oekaki_2010_04_16_06_46

| | コメント (0) | トラックバック (0)

無限でないループ

ame ame ame ame ame

     

雨、雨、雨、雨、雨

   

     

雨の日は

トロトロと雨に浸かるのが好きだ

無理やりに

晴れわたった

心になんぞしたくない

    

     

こんな日は

水滴の向こうから

ぼんやりと

世界を見たい。

    

     

今まで何か

納得するほど

上手くできたことって

あったかな?

   

    

ないかもね。

   

    

でもそんなに

生きてもいないんだ。

   

    

過ぎた時間を考え出すと

計算が合わない気もするけど

   

    

計算して

やってないんだし

計算できないんだから

そりゃ当り前か。

   

    

でもわたしは

何をやっても

そんなに格好よくできる

人間ではないのだろう。

    

    

それでもいいかもって

思えるように

なってきたのは

いいことなのかな?

    

     

妥協かな?

   

    

     

なりたいわたしって

どんなんだっけ?

   

    

    

まるでわからない。

    

    

    

今夜も悩んで時はすぎてゆく

明日になっても世界は

なくなったりしない

   

   

   

それでも

何もかも終わりがある

   

   

   

それがわたしを安心させる

    

   

    

今夜もまたループに

迷い込んでいるようで

終わりに近づいているだけ

     

    

  

     

何にもなりきれないまま

ずっとヘタクソ

   

   

    

    

本日のおうた

    「1」

だから あたしたちないもの

いっぱいないもの 口ずさむ歌は

それぞれだけど

どんなひとごみも

自分の歩幅で 強く抱きしめていけますように

1コのこと祈りたい        川本真琴

        

うまくやれそうにない

仲間たちだけれども だいすき

うまくやれそうにない

わたしだけれども

兄に聞かされてしった

いつのまに復活してた・・・。

祈りもなく願いもなく

ただ波がある。

    

    

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大人の階段

誰がいたって

誰がいなくたって

  

    

どこかに所属したって

どこにも所属していなくたって

   

   

    

自分は自分だと言えること

   

   

    

わたしの中の大人

    

    

   

それは難しい。

    

   

    

いばらの道ぞ。

   

    

     

最終バス乗り過ごしても

君に会える気がする。

    

アリスのラビリンスに迷いこんでも

君に会える気がする。

     

どの迷路を通ったって

君に会える気がする。

     

     

      

さようなら。

    

    

     

それが怖くなく

なりたかった。

     

     

     

うん。

    

     

     

そこはもう平気。

   

     

     

何度さようならをしたって

ちゃんと繋がっているものは

ある。

    

   

     

そんな気がする。

      

そんな気がするだけで

実際はどうであろうが

しったこっちゃない。

        

そんな気がすることが

そんな気を持てることが

大事なんだ。

     

    

      

その感情をなんと呼ぶのか

わたしは知らない

    

     

      

本日のおうた

「矛盾の上に咲く花」

矛盾の上に咲く花は

根っこの奥から 抜きましょう

同じ過ち繰り返さぬように

根っこの奥から抜きましょう

そして新しい種まこう

誰もが忘れてた種まこう     モンゴル800

昨日人が歌ってるのをはじめて聞いた曲

わたしはいつだって

矛盾の花そのものを愛す。

抜いたりはできない。

それがあるから

また種をまけるのよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

朝がくる

睡眠3時間

なのに珍しく

目覚めてすっきりこん

 

 

お風呂に入ってすっきりこん

いつも通り

寝ているお母さんと自分に

紅茶を入れる。

今日からアールグレイだぜ。

 

 

カーテンを開けても

そんなに寒くない

 

 

いいねー

いいよー。

 

 

今夜はかわいいあの娘と

デートだよ☆

 

 

お部屋のお片づけしちゃうよ。

その前にブログ書いちゃうよ。

いきなり脱線だね。

はずれろはずれろ~。

片づけの寄り道は楽しい。

ほっぽり出してあった

白いストールを巻きつけて

鏡にうつして

遊ぶ。

 

 

布切れ一枚なのに

頭にかぶって

腰にまいて

首で結んで

眺めて

ふわふわってさせて

ぐしゃぐしゃにして

抱きついて

色々楽しい。

 

 

なんだか最近

元気です。

 

 

悩みはいっぱいだけど

 

 

気が上向きになってきました。

 

 

嬉しやね。

 

  

今日はきっといい日だ。

 

 

 

Cocolog_oekaki_2010_04_06_06_08

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スメルズグッド

もう 

  

いけずなあなたを嫌いになれないわ

 

 

先っぽから

桃色に染まっていくのよ

全部染まったら

音が鳴って開くのよ

 

 

広がる香りに包まれて

眠るように落ちるように

浮かんでいくのよ

 

 

 

 

 

声が

その人の中から

おなかから

のどから

それが

震えて

出てるってことを

想像すると

ゾクゾクしちゃうね。

 

 

と最近いろんな歌を

聞きながら

思うのでした。

 

 

いやはや

辛抱たまらん。

 

 

 

 

本日のおうた

「恋愛模様」

鳴かぬなら鳴かせてみよう

強情なほととぎす

もう いけずな貴方を

嫌いになれないわ

だって私の運命の男   YUKI

   

たまらん。YUKIちゃん。

色気。たまらん。

ごきげんな雨の日に聞きたいのだ。

これはすごく名曲だと思います。

悩殺ソング。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キャッチアンドリリース

彼女には

きっと

象が似合う

ピンクの蓮の花が似合う

細い銀のブレスレットを

何十にも

じゃらじゃらさせて

貝とか木の素材の

ブレスレットとか

ピアスとか

つけて

細かい模様のついた

風が吹けばふわーと揺れるロングスカートを

はいて

くるくるまわるのが似合う。

 

  

そんなふうに

ピンっと

イメージの沸く人は

素敵だ。

  

  

そんなふうに

あれやったらいいだろうなとか

これ着たら似合いそうだとか

考えているのは

自分でなくても

とても楽しい

  

  

もっと明確に

捕まえられるように

伝えられるように

ちょっとずつでも

何かしら

つくれるように

  

  

根を張れば

花が散っても

枝を切られてしまっても

きっと平気。

  

  

   

本日のおうた

「桜の雨、いつか」

桜の雨が降る

夢が今 虹を越えてく

あなたは空を行く

私を一人残して

ありがとうって言ったら

永遠にさよならになる

果てしないこの旅で

どこかで いつか会える    松たか子

    

松たか子は

好きなんですよね。

なんだか

きりっとしているようで

愛嬌があるかんじがとても。

声も歌もなんだか好き。

強いくせはないんだけど

なんだか耳に残る。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エイプリルフール

カラスが鳴いた

コケーッと泣いた

舌を抜こうとしたら

コケ蒸した化石になった。

 

 

嫌だな

泣いちゃうよ

花粉のせいだよ

見るなよ

見なよ

 

 

あの娘がいなくなったって

それは僕のせいじゃないよ

赤い靴を選んだのは

彼女だ。

 

 

なぜ初めに君は

嘘をついたのって

問いかけたところで

僕は毎日

嘘をついている

とでも答えるんだろう。

 

  

でも君の血も

あの空みたく

青くはないだろ

 

 

 

今日はエイプリルフールです。

 

 

 

だからお願い

いつものように嘘をついて。

 

 

  

ほんとのことを言ったら

信じられなくなってしまうよ

 

 

 

 

本日のおうた

「うそつきがすきよ」

嘘を抱えた両手

そっと開けて口説いてよ

叶えられない願いを抱いて

ある日男は夢になる

好きよ 好きよ 嘘つきは

牙の折れた 手負い熊  中島みゆき

そして熊は言うのです。

お嬢さん。お逃げなさい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »