« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月

毒りんご

白雪よ

               

真っ赤な真っ赤な林檎はいかが?

        

        

       

       

そう

         

毒だとわかっていても

          

彼女は食べる

          

あなたは食べる

           

あたしを食べる

           

毒だとわかっていても

                     

あたしを食べる

             

その理由は

           

手を伸ばした

             

あなただけが知っている

             

渇いていた

             

とても

               

渇いていた

                               

その喉だけが知っている

         

          

            

           

           

              

本日のおうた

「絹ずれ」

密かに想うのは

自由だろう きれいだろう

手を下したら

もう罪だろう 汚れるだろう

独りで泣くのは 今度だけだろ

おとぎ話は捨てて行け    CoCCo

                

そう密かに想っている間はきれい

触れば覚める恋も夢もあるだろう

手を下してでも汚してでも

傷をつけても傷ついても

そう思えるかい?

これを彼女がMステで

方言で歌ったところが

すばらしかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

かわいい人

恋をすると女も男もかわいくなる。

                 

なーんだかね。

暗い話や古傷の話や

根源の欲求みたいな

よくそーんな話ばっかり

一緒にしていた先輩が

              

恋をして

元気になってきたのを見て

           

             

昨日も夜中まで

酒を飲みーのぐだぐだ話をしていて

          

          

なんだかんだ今いいじゃないですか?

          

            

と聞いたら

          

          

「しあわせだよ」

            

               

と一言。

          

             

それを聞けて

            

              

ああすごくほっとしたと言うか

嬉しいと言うか

感動したと言うか

             

             

んー。よかった!!

             

              

                

自分のことのように嬉しいまでいうと

言いすぎな気もするけど

なんか不思議な親近感で

とても嬉しいです。

             

                

ああ、そして随分と長い時間が

たっているんだな。とふと思った。

            

               

あたしに必要なのは

クズと呼ばれても笑う勇気か

          

           

           

本日のおうた

「LOVE ME TENDAR」

Love me  tender,

love me  true

All  my  dreams   fulfill

For my  darln´,

I love you And I always will   ELVIS PRESLEY

人はあがったり下がったり

下がりっぱなしでもない。

上がりっぱなしでもない。

そういうのが経験で

だんだんわかってくるんだろうな。

       

       

ここは横浜駅みたいだねー

ぜんぜん違うよ。

ミステリートレインに乗りたいな。キング。

優しくなる。なにもかも。

              

             

               

| | コメント (0) | トラックバック (0)

はいはい

一番大切な人が一番好きな人とも限らない

一番好きな人が一番側にいてほしい人とも限らない

        

         

ああ、人の世は謎に満ちている。

       

        

昨日は良い日でねえ

           

夜は川崎まで素敵なゲストが来てくださいまし

          

夜景がきれいな席だし

            

居酒屋だけど

        

東横インが2つとも見渡せたわ。

            

飲んでふらふらと帰り

             

友達に誕生日のメールを送れば

            

まあ感動的な返信で涙涙でした。

                

自信がないなら

               

つけさすからと言ってくれて

            

どうしてこう

              

あたしのまわりの女の子たちは

                

男前なんでしょう。

                

惚れますね。

      

       

          

今自分はよつんばいになって

           

はいはいしている

          

赤子の気分です。

             

立ち上がるのは

                  

やっぱり

                     

まわりがみんな立っているからなのかしらね。

Cocolog_oekaki_2009_10_22_00_04

| | コメント (0) | トラックバック (0)

わたしは追いつめられて

何かをやるのは大嫌いだ。

                

大嫌いだけど

ふりかえれば

何かを達成したような

気がするときってのは

大体追いつめられて

何か無理矢理ふりしぼった時で

あったような気もする

              

ってか大体そうね。

そんなもんね。

              

追いつめられたいのかもしれない

            

そうね

だってまちるだのMは。

              

まさか、まだこりてない

               

のMです。

          

          

           

               

本日のおうた

「Song of  You」

僕はずっと

わいわい踊って 叫んで君を呼ぶよ

わいわい踊って 君を抱きしめたいよ

声に心を委ねたんだ 放ったら 届いたら

どうか笑って こっち向いてくれよ  真心ブラザーズ

これ、夏フェスで初めて聞いた

そのときの新曲だったんです。

でもこれは反則だーって思った。

わーいわーい踊って

わーいわーい歌ってのフレーズがねー。

とても自然で。

ありかー!!ありだー!!

と思いました。

だってサビでわーいわーいだよ。すげくない?

楽しいよ。この曲。

Y子感動!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

タンポポと誠実

朝一発目で

映画、ヴィヨンの妻を見る。

                

いやあ、実に実でした。

               

タンポポの美しさに対する誠実さは

誰かを救えたりするのかね?

                   

ニューシネマパラダイスを見たときの

主役のかーちゃんの言葉で

何かに誠実な人間ほど

孤独なものよ

                  

ってな感じのことを言ってらしたけど

そういうことなんだろうな。

                    

誠の実を

一緒に食べて

種を飛ばしてくれるかい?

              

             

たとえそれが

陽の当たらない

場所であっても

咲くときゃ咲くんだよ。

            

            

Cocolog_oekaki_2009_10_18_13_48                   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

転ばぬ先の杖

いいじゃねえか

                

そうやって自分の利益に

合うように

人間を選んで

そいつが倒れたら

そのまま道端に捨てていけば

               

そんで

そいつが元気になりゃあ

おいでおいでと

猫の手もかりるみたいに

ひきずりあげてさ

また飼いならせばいいんじゃない

                    

そうやって

利益優先の冷たいやつだって

言われたって

お前は先に行きたいんだろう?

そうしたって

お前は日の目を浴びたいんだろう?

           

            

もちろんそんな風には

みせないように

おまえはうまくやるのだろうけど

           

           

           

そう。

誰も言わなくても

そんなのは人々は感じている。

見つめている。

            

              

そして優しさに責め立てられるのは

己自身だということも

重々承知なんだろう?

おまえは賢いからね。

        

        

いいじゃねえか

          

            

誰も責めやしないよ。

              

                 

誰も責めやしないのは

期待のせいだ

それだけのことをしろと

おまえは自分を追い詰める。

       

          

             

だからおまえは決して転べない

       

        

          

           

本日のおうた

「頭の中」

何事も決めつけられないね

すべてがぼんやりあやふやだから

情報があふれてる世の中で

おぼれないように気をつけよう

くるわないように気よつけよう

見つからないようにかくれましょう  真心ブラザーズ

金が無いというのに買ってしまった。

特典にひかれて・・・・

久々にCD買うのうれしい。

何かCDを買うときの、中身をあける時の、

そのCDをかける瞬間、歌詞カードを開く瞬間

たまらないよねえ。

そして中身が期待以上だったりすると

もうそれだけで最高です。

いえ、失礼しました、真心最高です。

             

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Very Sure

何でどうして

怒られようが

上手くできなかろうが

思い通りにならなかろうが

泣こうが

苦しくなろうが

それでも

なんで

こんなに

好きなのかわからなくなるぐらい

好きなのだ

上手くいかなければ

上手くいかないほど

ちょっと進んだときが

楽しくてうれしくて

この世にそれ以上

うれしいことはないんじゃないかと

思うぐらいに

うれしくて

うれしくて

止めることなどできぬまま

よくわからないんだ。

よくわからないんだけれど

これに限りはないんだろう

          

            

            

            

My heart is very sure

             

              

             

              

            

Cocolog_oekaki_2009_10_15_19_39

| | コメント (0) | トラックバック (0)

時が暴走している

何ももとへは

            

戻らない悲しみほど

              

愛しいと思うのだ

               

何ももとへは

           

戻らないからこそ

            

今を生きているのが

              

こんなにも恋しいのだ

               

戻れたら

               

何も恋しくもなくなる

                

取り戻せないから

             

そのときが

           

そのときであった

                 

何よりの証拠で

              

今が今しか

            

ないことを

                  

実感してゆく

                  

大人になるのはこわいことでもなんでもない

                   

取り戻せないときが

                     

増えていくだけ。

                 

それは

                 

宝ものが増えていくのと

                  

同じ感覚だ。

                     

何ももとへは

                  

戻らない

            

それは

                   

何より悲しいと同時に

             

今を握り締めている

                

              

              

愛しているんだ

                  

生きているこのときを

                      

あたしは誰のかわりもできないよ

                 

誰のかわりもする気もない

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夢のつづき

右手に湿布

右足に包帯

             

なんだかすっかりやる気をなくし

眠りこけていたら

夢の中でも

眠っていました。

         

         

しかも道路のわきで

寝てる夢でした。

目を開けたら

日が暮れていて

道路わきの草むらにいて

草のにおいがして

虫がふよふよしていた。

赤トンボのちっちゃいやつみたいなのが

いっぱいいた。

目の前には

道路で車が走っていて

その向こうには

後ろを振りむけば海

                 

わたしは

ねぼけて起きて

なぜか電話があって

誰かとここはどこだと

わからないと

話をした後

毛布をひきずりながら

みんなのところに

戻ろうと

車の走ってる道路を歩いていくんですが

みんなを見つけた瞬間に

目が覚めました。

目が覚めてしまって

もうちょっとで

会えたのに。

と悲しみました。

           

           

もう眠っても

夢の続きはみれない。

          

みんなのところには

たどりつけぬまま。

           

ここに続いている。

                 

ここは夢の続き。

            

わたしは歩いてゆけるのかしら。

               

どこへ行くやら

何が起こるやら

            

わかんないほうが

おもしろいからいいか。

          

           

笑顔の素敵な

あの娘に会いたいや

            

            

包帯を巻かれているのは

あたしの心

包帯を巻いて

歩かないのはあたし自身

           

          

            

           

            

            

             

             

久しぶりにギターの弦でも

かえてみよう。

          

           

            

本日のおうた

「ア・ブラ・カタ・ブラ」

ア・ブラ・カタ・ブラ

君よ 俺色に染まれ

ア・ブラ・カタ・ブラ

恋よ 愛色に変われ

ア・ブラ・カタ・ブラ

友よ 夢色に染まれ

ア・ブラ・カタ・ブラ

涙 虹色に代われ   米米CLUB

                

染まれないっての

染まろうとすれば

染まろうとするほど

顔を出すのよ

もっと追いつめて

見えてくるから

ア・ブラ・カタ・ブラ

             

             

              

| | コメント (0) | トラックバック (0)

祝福

ああ、しくじった。

ではなく、

あし、くじいた。

結婚披露パーティーの

その会場で

こけました。

朝まで飲んで

楽しく飲んでるときは

ぜんぜん気にならなかったのだけど

帰り道から痛くて痛くて

うちへ帰ってみれば

爪はつぶれかけてるわ

くつずれできてるは

どかーんと足がはれまくり

うーん痛みを

忘れさせてくれたいた

酒の力はすごい。

幸せな夫婦を見れて

幸せ

取り囲む人たちが

音楽な人たちが多くて

いろんな歌が聴けて

素敵な披露パーチーでした。

あたしの大好きな人の歌も

聞けたー。やったーい。

もーほんと

誰よりも幸せそうに

楽しそうに

歌を歌っているのが

とても、好きだ。

彼が歌えば

とにかく「歌」なのだ

歌がなんたるかとか考えることを

飛び越えて

歌だと思わせられる。

いつもすごいと思う。

あー話がそれちゃった。

なんか不思議でした。

それは披露宴のパーティーなのですが

ライブパーティーのような

仲間たちの集いのような

親しげな空間になってました。

結婚パーティーってのも

ほんと主役のお二人によって

いろいろね。

面白い!

結婚しちゃあって

おめでとう☆

             

               

恋すればどうにかなるんだって。

恋しよー恋ー。

           

             

その前にどーしよー。

この足・・・

病院は必死。

          

            

            

            

本日のおうた

「しあわせですか」

しあわせですか

あいさつがわりに申します

しあわせですか

単刀直入にたずねます

しあわせですか

ごめんなすってお邪魔します   ウルフルズ

人の幸せを願うことさえ

エゴと言ってしまえばエゴなのだ

それぐらいはいいのではないかと

思うのだよ。

まあでも答えを聞きたいのはエゴだな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ねじまき鳥

泉のように湧き出て

減ることを知らない

減らない

増えていく一方だ。

                 

持ってけ

持ってけ。

                

いくら持ってったって

あたしの中でまた生成される。

              

愛,愛,愛,愛,愛

               

そして

欲しがる

もっともっと

欲しがる

                

愛,愛,愛,愛,愛

           

            

頭から

海に飛び込んで

イルカにかわれたらいいのに

          

            

空から

蜂蜜の雨が降ってくるよ

傘をひっくり返して

受け止めよう

            

             

穴があったら

落ちてみよう。

気がつけば

階段を昇ってる。

             

              

ベルが鳴ったら

天国から

こんにちは

お元気ですか?

明日あたりにやっと生まれます。

そうですか!

お待ちしてます。

             

             

              

僕らはホモ・ルーデンス

          

            

見つめあうたび

新しい未来がうつる

            

           

とにかくアンテナを広げていなきゃ

             

                

呼び声に応えられるように

              

               

遊ぼう遊ぼうと

             

               

甘くささやく声に

         

          

もっと見てもっと見て

          

           

わたしをもっと見て

             

          

誘惑する声に

        

          

地球が呼んでいる

         

          

           

           

見逃さないわ。

             

                 

いつもいつも

開いて待っているよ。

              

              

だからお願い

この僕のねじを巻いて

           

            

             

               

本日のおうた

「おもちゃのチャチャチャ」

そらにさよなら おほしさま

まどにおひさま こんにちは

おもちゃはかえるよ おもちゃばこ

そしてねむるよ チャチャチャ   

                     

知らないうちに動き出して

遊んで

知らないうちに

こっそり眠る

朝になればただの人形。

お気に召すまま。

           

           

           

   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

どんぶらこ

我慢が届けば波は止まるらしいが

          

やっぱ

            

我慢しきれてないのか。

              

見事なまで嵐・・・・・。

             

これが止まったら

               

船は出る。

             

それを見送る。

              

そしたらあたしは

             

まず川を上らなければ

         

           

恋愛論第二章を

              

開いている場合ではない

             

どんぶらこ

             

どんぶらこ

            

昇らなくては

             

その二文字を解いてゆけるのか

                

10割でなくていいのだ

                 

6割。6割でいいのだ。

                  

もういっちょがんばるぞい

          

           

           

              

すごい雨の音です。

               

                 

多摩川があふれ出したら危険です。

          

           

うちが壊れませんように。

                

                

                 

波が止まりますように

                

               

そしたら

               

                

               

お行きなさい

           

         

        

           

あたしは

花でなくてよい

星でなくてよい

            

                

それらの美しさを

見つけられればよい

伝えられればなおよい

              

           

           

そして、あたしは枯れない

           

           

             

              

               

Cocolog_oekaki_2009_10_08_02_29

                

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プラネットA

そして明日になれば

          

僕らは

           

誰でもなくなって

             

何でもなくなって

              

お互いを

             

忘れてしまっても

             

どこかで

             

はじめまして

            

と笑えれば

            

きっと

               

何かがはじまるだろう

                  

何かが響きあうだろう

          

           

              

だから

                

四つんばいになりがらも

                

向かうのさ。

                 

許しあうために

         

           

            

               

闇の子供たちのDVDを見る。

        

         

           

衝撃でした。

              

             

               

ラストまったく予想できなかった。

              

              

                

人間の裏の顔ってのは

どこまでも深い闇だったりするのかもしれない

            

              

相手を知ることができることなんて

ほんとにほんのちょっとなのかもしれない。

             

              

そうだと思っても

人はさみしくて人に向かう。

              

                

火星人かな金星人かな

わかりあえないかな

             

                

それでも心は人を求めて

宇宙をさまよう

           

           

卵が割れれば

また新しい宇宙が生まれる

              

                

ひとつになれるかな

ひとつになりたいな

           

           

             

           

本日のおうた

「愛なき世界」

君は歌う 安心を買ったって

僕も欲しい心から

涙の行方 どうでもいいかい

僕は拾うよ 傷つかないように   くるり

わすれもの あたしは拾うのさ

届けたいのさ

あなたの心の中にあったもの

届けたいのさ

              

              

                   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »