« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月

ねこのきもち

あたたかな腕の中

するりするり逃げ出した

尻尾を掴まれるのは

どうやら苦手なようだ

                      

いつも側にいたいのに

いい子じゃ辛くなるんだ

かわいがって欲しいのに

どうして居られないんだ

                          

爪が伸びすぎていて

つい傷つけてしまう

じゃれてるつもりなのに

あなたは苦い顔

                          

もっと遊んで欲しいのに

どうして伝わらないんだ

止めないで欲しいのに

この爪がじゃまするんだ

                            

捨てないで欲しいのに

どうして逃げたくなるんだ

愛されていたいのに

どうして苦しくなるんだ

                           

                            

     本日のおうた

     こんなかんじです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

薔薇化少女

薔薇を

                        

薔薇を

                         

                      

劣等感を体に巻きつけろ

                      

                    

頭のてっぺんからつま先まで

                 

                   

腹の底から心の中まで

                  

                    

棘を

                    

                      

棘を

                   

                   

持て

                       

                         

簡単に触らせるな

                     

                      

踏み込ませるな

                    

                    

摘まれるな

                       

                        

もうこれ以上

                      

                     

譲るな

                

                  

                   

そして

                   

                     

薔薇を

                      

                        

薔薇を

                           

                          

                        

咲かせろ

                       

                       

どこにいても

                       

                        

見間違わぬ

                      

                     

                       

薔薇を咲かせろ

                      

                    

                    

瞳を奪え

                     

                    

                      

お前の生命を薔薇撒け

                 

                      

                    

                      

                          

                         

                          

          本日のおうた

           「害虫駆除」

勝負はついてる

とっとと失せてよ

いまの其の一言で嫌われてしった

距離の擬かしさ帰らぬ輝き

その手が欲しくて触れたは好いけど

瞬時にして鮮明なアリバイは全部消滅しちゃったよ   発育ステータス

もうこの際、

嫌われてもどうにでもかまわない

だけれども

蠅もはらえない女にはなりたくない

たとえ負けても譲っちゃあいけない

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キミノトナリ

またまたみくしから抜け出した。

                    

あったかくなったら戻るよー。

                      

両方見てる人は

                      

何度もすんません。

                      

                      

今は目の前に映るもの見るだけ。

                          

それだけ。

                        

眺めて、感じて、考えて

                          

それだけ。

                           

冬の雨は寒いな。

                              

おうちでゆっくり雨音を聞いていたいな。

                      

あたたかいものを飲みたいな。

                         

あたたかい人達に会いたいな。

                          

あたしの向こうに

                         

何も見ない人たちに会いたいな。

                           

向こう側などないのに

                           

あたしを透かして何を見ているのだろう。

                             

どこを見ているのだろう。

                         

コミュニケーションってのは難しいな。

                       

目の前にいるだけじゃ

                         

目に映らないなんて。

                            

人と向かい合うって大変だな。

                           

向かい合わないで隣に座っちゃえばいいかな。

                             

君の隣にいるだけじゃ駄目なのかな。

                          

それだけじゃ駄目なのかな。

                    

                      

                        

          本日のおうた

           「君のとなり」

今すぐに 笑ってあげましょう

今すぐに 歌ってあげましょう

少女から大人になる その瞬間に

灯火 とざさぬように

聴こえてる歌が

心を揺るがせて 心が削られて

裸のままの 自分が

幻覚感じて 心をかよわせて   hitomi

                          

この歌好きなんだよねー。

hitomiは結構好きな歌いっぱいあるね。

今すぐにできること

何があるかな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

思いやり

                   

                  

「結局、あんたが欲しかったのは思いやりじゃない?」

                         

                          

呆然・・・・・・・・・。

                            

                             

そんな一言、全然思いつかなかった。

                             

                              

そうじゃなくてね

そういうことじゃなくてね

そういう関係じゃなくてね

                              

どれだけ、説明ができずに

伝えられずに

泣きじゃくったことだ。

                                

その後に

なぐさめられても

笑わせられても

何の解決にもならなかったことだ。

                            

                             

そんな

一言で解決できたことが

悲しい。

                               

そのために

ずっともがいていたのかと思うと

悲しい。

                           

                           

夢や未来より

そんなものが欲しかったんだな。

                              

                             

                              

風邪ひくなよ

                    

それだ。

その一言だ。

                   

                      

欲しかった思いやり

                      

                       

                       

何百回もの愛しているより

あたたかいもの

                        

                         

                       

大丈夫、もっと優しくなれるわ

                           

さよならも越えて

                             

       

      

       本日のおうた

         「Sign」

君が見せる仕草

僕を強くさせるサイン

もう 何ひとつ見落とさない

そうやって暮らしてゆこう

そんなことを考えている      Mr Children

                             

よし、学んだ。

またちっぽけな人間だったと思い知る

でも時間がかかっても学んだ。

うん。

だから、これで、よかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

理由無き反抗

苦しい苦しい

                        

ほんとに自分は今さら反抗期の子供と同じだと思う。

                                

今なら、学校に行きたくない子供の気持ちや

制服を着たくなかった気持ちや

授業をさぼりたかった気持ちが

わかる気がする。

                                 

でも、どうしてそんな疲れることするんだろうと

素直に合わせてりゃいいのに

丸くおさめてりゃいいのにと

思っていた昔の自分も

いるから

                              

自分で自分に何してんの?と言いたくなる

疲れるでしょ?何してんの?といいたくなる

あんた、そんなことしていても無駄だよ

といいたくなる。

                           

                            

でも、そんな心と裏腹に

                          

ピアスは外せなくなって

服が派手になったり

マニキュア買ったり

叫びたくなったり

せかせかしてるのがいやになったり

制服が苦しくなったり

マニュアルを見ると気持ち悪くなったり

ああ、今笑顔つくってんなあと

しみじみ嫌悪したり

                           

もっと大人になりなさいと

自分で自分に言い聞かせようとすれば

するほど

遠ざかる気がするよ。

                   

                    

痛い。痛い。

             

               

書けば書くほどに育っていく

育てば育つほど現実は遠ざかっていく

                   

                    

どこに叫べばいいのか。

叫ばずじっとして、落ち着くを待つのか。

                  

                  

でもここを抜けなければ

ここを抜けなければ

ここを解決しなければ

                       

                       

ぼくのともだちに会えないんだよ

                   

                       

叫ぶのか、黙るのか

叫ぶのか、黙るのか

                          

                           

そもそも開いてしまった

口に蓋をできるのか

                          

                           

繋ぎめはどこ?

                       

                        

ここと現実の繋ぎめはどこ?

                          

                         

あのメロディーが聞こえてこないよ

                       

                           

                           

       本日のおうた

         「15の夜」

大人達は心を

捨てろ 捨てろと言うが

俺はいやなのさ

退屈な授業が 俺たちの全てならば

なんてちっぽけで

なんて意味のない

なんて無力な 15の夜     崎豊

                           

THE 青春の反抗。尾崎豊様です。

いやあ、さすがにこれを打ちながら

笑ってしまったわ。

15じゃないから。

卒業もないから。

余計にとまどったりもするわ。

あーいつまでクソガキなんだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

けもの道

あーもう駄目だー。

落ち着かない。

                          

ひょんなことから、長い間抑えていたものが

蓋をあけてだーっと流れ出した。

                            

もう

こうなるとアウトだ。

                                

意思と関係ないところで動くやつ。

けものが。

体の中から出して出してと

叫んでいる。

                            

落ち着かなきゃ落ち着かなきゃ。

                          

もういい加減に飛んでいたい。

                              

どうせ叶わないから

                           

いっそいい加減に飛んでいたい。

                      

ネガティブな頭と弱気な性格と裏腹に

                          

あたしの腹に住むけものが

暴れだす。

                            

全部欲しいと暴れだす。

                             

でもきみが暴れだすとろくなことが起きないんだよ

                              

だから胃が痛いのか・・・・

                           

これきっついなあ

                        

もう寝よう。

                           

                            

                              

         本日のおうた

           「ゼリー」

あきらめた恋の化石枕にして

テーブルをベッドに貴方をかじりましょう

破片燃やして 数に溺れて

裸で笑おう

真夜中の匂いに 心が騒いだら

午前2時の夢が 貴方をつかまえる    UA

                             

化石になんてなってないっての

冗談じゃない。

いや冗談ですませておこう。

何もかも冗談ですませておこう。

そしたら、そのうちまたきみも消えるだろう。

どうして冬になると、暴れだすんだ・・・。

あーイタイ、

| | コメント (0) | トラックバック (0)

名もなき詩

                   

誰かが、ふと足をとめてくれるなら

                     

誰かが、ふと考えてくれるなら

                         

誰かが、ふと想像してくれるなら

                         

誰かが、ふと思い出してくれるなら

                          

                          

それでいいじゃないか

                      

名前などなくても

                          

形などいい加減でも

                           

目に見える証拠などなくとも

                        

ちゃんとそこにあるものはあるのだ。

                           

そしてあたしは

                       

行間に愛を込めるだけだ。

                         

君に捧げ続けるだけだ

                       

                        

                          

      本日のおうた

       「名もなき詩」

愛情ってゆう 形のないもの

伝えるのは いつも困難だね

だから darln

この「名もなき詩」を

いつまでも 君に捧ぐ     Mr Children

                              

失くしたくないものが

見つかりそうな気がする。

ただ毎日、毎日

伝えようともがき続けよう。

だからダーリン。

だからダーリン。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

越冬ツバメ

あらやだ

もう少しでわかりそうなのに

まだわかんないなー

むずがゆいかんじ

                        

探している答えは

                           

優しくなさそうだし

照れくさくもなさそうだし

温かくもなさそうだから

                         

ちょっと嫌かもなー

                        

でも探しものは探すのを止めたら見つかっちゃうのがセオリーなんだよね。

                     

探してるフリを続けるか。

                    

とりあえずこの冬は越えなきゃなー

                   

この前変なおじさんに出会いました。

                        

不思議な能力を持ってるとか言って

まあそういった類のものは全然信用していないけれど

ただベラベラようしゃべる人で

面白かったし何されたわけでもないからいいや

                      

ツジツマはそのうち合ってくるから

                         

と言いました。

                         

とりあえずその言葉がやたらと気に入ったので

感謝してます。

                     

                     

この世で一番不思議なことは

                     

出会いそのものだよね。

                   

                  

また会いたいね。

                

                    

あったかくなってからがいーかなあ

               

                   

今年の冬はそんなこと考えてるうちに終わりそうだ

             

                 

                   

             

            本日のおうた

              「染まるよ」

あなたのくれた言葉

正しくて色褪せない

でも もう いら ない       チャットモンチー

もういらない。

いくら考えても考えても

教え込まれた正論に染まれない。

だからいらない。そりゃ人のもんだ。無理だ。

この曲、本日のMステではじめてきいた。

見ないうちに随分外見が変わっちゃった。

ちょっとさびしいな

芸能界恐るべし

| | コメント (0) | トラックバック (0)

不感症

誰かの声に耳を傾けすぎると

                       

耳がおかしくなる

                         

誰かを見つめすぎると

                          

目がおかしくなる

                          

誰かに触れすぎると

                               

体がおかしくなる

                          

誰かを信じすぎると

                           

心がおかしくなる

                            

                             

おかしいおかしいおかしい

                                

そんなにおかしい?

                         

おかしいか。

                            

何にもおかしくないより

                            

愉快じゃないか

                            

何も感じられないより

                             

楽しいじゃないか

                   

                      

ああ、そいつはとても健全さ

                   

                      

                        

感じすぎることに

                           

おびえるな

                               

                          

そいつはとても健全さ

                                 

                                   

                                   

      本日のおうた

        「ルージュ」

生まれた時から渡り鳥も渡る気で

翼をつくろうことも知るまいに

気がつきゃ鍵も忘れかけた うす桜

おかしな色と笑う

つくり笑いがうまくなりました

ルージュひくたびにわかります     中島みゆき    

         

                            

                               

つくり笑いで騙したかった      自分ひとり騙せなかった

  ルージュはひけない   浮いてしまうから

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »