« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月

just missed the train

                      

                      

                           

The hardest thing I've ever done is keep believing

                          

                           

                         

何度乗り遅れても

                           

乗り遅れても

                               

次の電車が来るわ

                            

必ず来るわ

                            

                            

                           

                            

                                  

             本日のおうた

           「just missed the train」

Just the two of us

Laughing

Having fun

playing

But that was then

We just missed the train      Trine Rein

                                

やっと原曲聞いたわー

綺麗な曲でうっとりしてしまふ

そう、見送ってしまっても

次の電車がやってくる

その間、音楽でも聞きながら待ちましょう

行き先を夢見ながら

                                   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

排他

怖かったものがわかった

                    

差別のまなざしを向けられること

                     

でもそれを怖がっていた

                         

自分も結局同じ穴のムジナだってこと

                     

いじめの基本原理と同じだな。

                      

排他的な強さによりかかる

                       

よりかかることで

                       

より排他的になる

                      

それはいかん

                  

それは好かん

                       

そんな強さならいらん

                          

誰も触れない国などいらん

                            

                            

                               

            本日のおうた

             「金魚の箱」

嫌い、夢を太らせた金魚なんて

もう一度失くした あたしを見つめて

苦しむ心が出会った

感じない息をして  金魚姫の中    東京事変

                           

夢だろうが愛だろうが金だろうが

欲に太ってしまえば同じに見える。

欲を食って育つはずが

欲に食われて閉じ込められる。

そんな水槽壊しちまえ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

祭りのあと

まちべすがー!まちべすがー!

耳生えてるー!!

しかも猫みたいー!!

名前を書いてくれて方ありがとーう☆

あ、そこのあなたもよかったら

是非画面の左はじのブログペットにお名前を

                          

昨日は雨にも負けず

浴衣を着て

祭りと花火を

堪能して来ました。

                         

出かける前に浴衣破れたり

祭りにいったら、

ビール缶を落として噴射させたりして

ハプニングもろもろでしたが

                            

ビールの神様ごめんなさい

                               

花火を見ながら夏の終わりを想いました。

                              

この雨が終わったら、本格的に秋がきそうで

ちょっとせつないです。

                         

昨日の夜は

体が雨で冷えちゃってやたら寒くて

セーターを着て寝ました。

この調子じゃ先が思いやられます。

                           

祭りのあとはさみしいです。

でも終わらないお祭りなんて

お祭りではない

必ず終わりが来る

終わったあとのさみしさも含めて

祭りなんだと思います。

                            

そして、祭りは必ずまた来るのです。

その時はめいいっぱい味わうのです。

                          

夏もまた

                           

                              

                             

           本日のおうた

            「祭りのあと」

Oh 底無しの海に 沈めた愛もある

酔いつぶれて 夜更けに独り 月明かりの WINDOW

悲しみの果てに おぼえた歌もある

胸に残る 祭りのあとで

花火は燃え尽きた         桑田桂祐

                            

来年の祭りは誰と行き

来年の花火は誰と一緒に見るのでしょう

わからないけど

また行きたいね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今宵の月のように

何故正しすぎる正論は

                    

人を時に窮屈にして

                              

追い詰めるのか

                         

                            

                              

人間はそんなに正しい生き物じゃないし

                            

強い生き物でもないし

                            

だから苦しくなって当然なのだ

                            

                               

特に女は月と共に

                           

満ちては欠ける生き物です。

                           

もう、自分の理性や意思の手におえる範疇じゃないものと

                           

いつも一緒にいるわけで

                               

そりゃあ、面倒なこった。

                           

でも、それが自然なんだよね。

                             

                              

                                  

                                   

正論は正しいはずだけれど不自然かもしれない

                                 

それは理想論なだけかもしれない。

                                 

知りたいんです。

                                

それが本当に正しいことか自然なことか

                           

そんなもの無いとか言っちゃえれば簡単だけど

                          

気になりだしたら、止まらない

                              

気になりだしたら、とても窮屈

                        

                           

今宵の月も、早い雲の流れの上で

                        

垣間見せる姿は

                   

とても綺麗でした。

                      

                      

            本日のおうた

       「あなたのやさしさをオレは何に例えよう」

愛する力を 求め続ける勇気を

本当の姿を 見つける旅へ行こう

敗北と死に至る道が生活ならば

あなたのやさしさをオレは何に例えよう      エレファントカシマシ

                            

本当の自分なんてないって言っちゃえば

楽になるかもしれないけれど

何だか、そう、いつも何だか割り切れないのよ

確かに選び続けてる自分はいるのだから

エレカシは生活って言葉が歌詞によく出てくる

生活って言葉は不思議で実態があるようで無いですよね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ペットだよ

ブログの左はじっこの隅に

お留守番ペットとやらを飼いました。

ブログパーツとかいうやつっす。

                        

                          

来てくれたお客様の名前を覚えたら成長してくれるらしいんで

                        

勇気のある方はどうぞ軽い気持ちで偽名でもいいんで

                           

署名をお願いします☆

                             

みなさまで育ててやってください。

                      

たまごっちとかもやったことないので

                         

ちょっとそそられてしまいました。

                     

名前はまちべすです。

                      

まちべす君だかちゃんだか婦人だか

                        

あたしにもさっぱりわかりません。

                     

あまりに成長不良だったらやめます。                        

                          

                       

         本日のおうた

            「今」

ああ 君と歩く浅瀬

笑って軽く なでるように

いつかは傷も夢も忘れて

だけど息をしてる

それを感じてるよ今      SPITZ

                           

上昇し続けることは

できなくてもまだやり直せるさ

同じアルバムですね。

今感じてることが明日消えても

それは嘘ではなかったと言えるかな。

                          

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ネバー・エンディング・ストーリー

怖かったのだ

いつも怖くて怖くて仕方がなくて

ほんとにそれはあたしじゃないと

駄目だったのか

代わりなんかいくらでもいるんじゃないか

あたしじゃなくても何も変わらないんじゃないか

でもそれを確かめる術なんて何もなかったから

確かめるのも怖かったから

でもいつも怖がってる自分にも嫌気が刺していたから

一度壊すしかなかったのだ。

失敗だったのかそうじゃないかは

まだわからない

まだはじまったばっかりだ。

賭けは最後までわからない。

その間に時も運も動くのだ

欲しいのは恋じゃなくて、友情ともちょっと違って

目の前にある時を通じ合えるように

ゆるがない、ただひとつ、になるのだ

                             

                               

                                 

           本日のおうた

            「This boy」

This boy wouln’d mind the pain

Would always feel the same

if this boy get you back again

This boy

This boy         The Beatls

                                

ここんとこ、めっきりビートルズなんですけど

この曲、超リピートしまくってます。

一曲かけっぱなしで眠ったり

心地よくて癒される。

さりげない感じがいいんだよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ただただ、だらだら

テンションが上がり調子になってきたら

                   

                        

今度は文がでてこなーい。

                          

                      

テンションがあがってくると

                         

一気に、いろいろ書きたいことが頭を攻め込みます。

                            

意識して

                             

ああしよう、こうしようとか

                             

力が出てきてしまうので

                              

逆にそれが妨げになってしまったりする。

                       

                         

すっごーい

悩みもほとんどなく

あたし人生毎日楽しいわってなったら

もう言葉を書くことも

いらなくなるのだろうか

                              

                                

その方がいいのか

                             

                               

こーゆーのはあまり突き詰めたくない問題ですね。

                            

                             

幸せな気分なら文を書くことはいらないのか

それとも文を書ける状態が幸せなのか

                          

                                

どんな状態でも

ただ、やり続ければいいのかな

とおぼろげに感じてます。

                               

                               

どんな状態でも

あたしには変わりはありません。

                             

変われません。

                          

                         

ここんとこ、いっぱい考えた末に出た結論は

変われない自分を守ろうと思います。

                          

                             

変わらなきゃ変わらなきゃとか思いつめたけど

それは必要ないと言うかできません。

あなたは明日から変わる系の本を

読んでみたところで

そんなの到底無理ざます。

                             

                                

だからそんな自分を守ります。

                         

                         

そしてそうこうしているうちに

ただだらだらしてるうちに

夜は明けてしまうのです。

                                    

                                     

こんなふうに今日でも無く、明日でもない、だらだらした時間が好きなんだ。

                              

                                   

           本日のおうた

          「ただただ、だらだら」

まじめにものを考えて追求してゆくことに

とても恐怖を感じます。

たやすい時代につくられた

私のひよわな精神と肉体は矛盾という本棚を

整理してゆく苦行にはもちそうもありません

ですから私は心をあまり使わないように

何も考えないようにしようと思います。

ただただ、だらだら、責任も自由もほどほどに

ただただ、だらだら、めんどうくさいことをしないでゆるやかに  真心ブラザーズ

苦行にはもたない。

体も心も。

しっかしこれが

歌詞なんだから頭が下がる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

デクの棒

お前はいつも偉そうに

                    

そうやって立ってればいい。

                      

デクの棒でも

                          

偉そうにそこに立ってればいい。

                           

そんなお前をまわりが勝手に

                            

何かに仕立てあげる

                           

お前は気にせずそこに立ってればいい

                              

いつも偉そうにそこに立ってればいい

                        

だってお前は偉いのだから

                       

                         

                            

              本日のおうた

                 「欲望」

道を迷って 迷っていたら いつもそこに 君がいて

僕は泣きやんで 泣きやんでいたよ  その全てを思い出して

今も気になって 気になっているよ  遠くばかりを見つめている

僕は間違って 間違っていたよ いつの間にか 忘れていた

全てが 僕らを包んでは いつかの言葉で 話すだろう  ホフデイラン

                       

いつかの言葉で話すのかな

今の言葉がいいな

その時の言葉がいいな

そこからはじめられればいいな

遠くばかりを見つめたまんま  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ザ・マジックアワー

見に行きましたー☆

                   

三谷映画をちゃんと劇場で見たの初めてだったけど

おもろーおもろー!!

                       

佐藤浩一の三枚目役

こりゃまた素敵ー!!

かっこいいけど面白い!!

俳優豪華だしー

隅々まで、華やか☆

                           

いっぱい仕掛けがあってすごい面白かった。

まだあるの?まだあるの?

って

エンターテイメントという言葉がとても当てはまるなあー

すごいわくわくさせられました。

映画で言ってたマジックアワーの意味とは違うけど

ほんと、手品か魔法にかかったような

見終わった後の満足感がいい。

いや、これがまさに三谷マジックですね。

                         

お客さんいっぱいで笑ってる人もたくさんいて

あー

2時間ちょっととかで人を幸せな気持ちにしてしまう

それがすごいなあ。

そのことにジーンてなりました。

                          

                           

あ、これ久々に日記っぽいね。ぽいぽい。

                         

映画館に入る前に

喫茶店で飲んだクランベリージュースが

とても美味しかったです。

                      

まだまだ暑いね。

                         

でもだんだん元気になってきたよ

          

         本日のおうた

          「天国生まれ」

チンタッタ 3拍子で ブラリブラリ行こう

待たせておきな  明日なんか

ドンキホーテ サンチョパンサ

ロシナンテ&俺

ふるさと遠く 天国うまれ      甲本ヒロト

エンドロールに挿入歌って出てきて

はて?いつ使われたんだろうとちょっと

この曲知ってるくせに

気付かなかった自分が悔しいです。

だからDVDになったらもう一回みます。

かわいい歌ですよ。                  

| | コメント (2) | トラックバック (0)

EVE  OF DESTRUCTION

簡単なことなのです。

                 

                     

好きなことを

                        

                           

好きなものを

                            

                             

好きな人を

                              

                                

堂々と言えるようになりたい。

                                  

                                   

ただそれだけなんです。

                                     

                                     

ただそれだけの自信がないのです。

                               

                                 

自信がなさすぎるとよく言われます。

                             

                               

自信がないから流されてしまう

                              

                             

                                 

この期に及んで追うの?

                       

                          

この期に及ばず追わなかったら

                               

                                 

いつまでたっても無理だ。

                                

                                       

でも足りないまだまだ足りない

                            

                          

                           

たぶんいっぱいになったら

                      

                        

勝手に溢れ出してくるはずだ。

                          

                            

地道に集めるしかない。

それしかない。

                             

                              

勝ち負けなんか問題じゃない

他人も問題じゃない

                              

                              

見返りなんてなくたっていい

                               

                               

ただ貫きたい

                         

                           

本当のことは曲げられやしねえ

本物は隠せやしねえ

                           

                            

東の空が燃えてるぜ

                              

                              

                             

             本日のおうた

            「ラブ・ミー・テンダー」 

何  やってんだー  偉そうに

世界のど真ん中に

OH,MY DARLING,I LOVE YOU

長生きしてえな       RCサクセション

                         

                         

これもカバー。

清志郎のカバーはかっちょよすぎる・・・・。

完全に自分の曲になってるところがすごい。

あたしは長生きしなきゃ

まだまだ足りない、時間がかかるから長生きしなきゃ

アイ ラブ ユー。そのために。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ライフスタイル

無性に何かを書きたい書きたい書きたいーと思う夜。

                           

便利ねえ、ブログッて。

                      

                           

ピアノと戯れながら

こんな夜はビールだビール。

                              

とばかり考えていたら、

                                

母がたまたま、父とあたしにビールを買ってきた。

どんなミラクルだよ。

                         

まあ、こんな気分のよい夜はミラクルもあるのでしょう。

                          

ビールを持ちつつ

2階の物干し場に出て

星を見る。

                               

                               

いつのまにか一軒家の我が家は、高い建物に囲まれ

空が狭くなりました。

電柱を見ながら、電柱案外短いなと思います。

空まで伸びていそうなのに

案外、すぐ切れています。

                                     

体育座りしながら空を見る。

手すりに昇りながら空を見る。

                                      

はっきりいって、高い建物の上に住む人たちに見られでもしたら

なかなか、怪しい人だと思います。

                                   

だんだん高い建物の電気が消えてゆく。

                                         

夢や、希望や、成功とか、自己実現とか、自己主張とか

そういった、類の言葉が

何だか最近好きになれません。

                                              

穏やかにいたいのです。

穏やかな気持ちでいたいのです。

                                        

たんたんと

ただ穏やかな気持ちでいたいのです。

                                   

動かさないで、触らないで、邪魔しないで。

                                    

心の豊かさという言葉について考えます。

                                      

                                         

それを手に入れるのは

ほんとは難しいことではないのに

ややこしくしすぎて

難しくなってしまったんだな。

                                         

                                        

だって、面倒くさいことばっかりじゃないですか。

                                     

いらないものが多すぎるんです。

                                       

そんないっぱいのものは持てないのに。

どうしてそんなに沢山持とうとしてしまうのだろう。

                                              

シンプルにことと向かい合えるようになりたいです。

                                          

エラいごちゃごちゃ悩む割には

いつも最後は直感です。

                                  

あたしはこいつを捨てることができません。

                                 

それが我儘と言われるなら

                                   

やっぱりあたしは我儘です。

                              

本当は物干し場で寝たいです。

けどさすがに物騒なのでできません。

                                

                                   

                                       

        

         本日のおうた

         「ガールフレンド」

宝物はないけど 胸にただひとつだけ

こもれ陽に響く笑い声 なつかしい場所 連れていくわ

私達をのせて

くだらない冗談を 話した夢の続きを

いつも聴かせていてね 時間かけて歩きましょう

ちぎれそうだ 思い出さえ全部

思い出は場所になく、人の中にあるものだ。

でも今は、ここにしかない。

この場所とここにいるあたしだけだ。

心が通じるって信じますか?

どこにいても言葉はなくても約束もなくても。

信じたいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

明けても暮れても

明けても暮れても

                     

不毛だ。

                          

不毛だ。

                             

                          

頑張ったって

                     

                         

欲しいものは手に入らない。

                            

                              

むしろ頑張るほど遠ざかる気がするよ。

                          

                             

あたしの手に入れたいものは

                        

                         

そんなものとは程遠いものが

                         

                           

好きなんだ。

                            

                               

                                   

だったら、頑張ることに何の意味があるの

                                   

                                   

何だかとても虚しいんだ。

何だかとても虚しいんだ。

                                       

                                         

いつまでもあたしはあたしのまま

                                        

                              

何だかとても虚しいんだ

何だかとても虚しいんだ

                                      

                                       

明けても暮れても

明けても暮れても

                                

                                   

だから、あたしは今日も

明日も

あさっても

                                     

                                      

歌を聴くんだ

                                    

                                       

何だかくだらないことばっかりで

                                      

最たるものが自分だったりするんだ

                                     

そんな気がしてならないんだ

                                  

やっぱりアレか?

                            

田植えか。

田植えだ。

                                    

エンヤコラ

                                    

赤塚不二夫さん死んじゃった・・・・・

シェーですよ。

              

           本日のおうた

            「黒くぬれ!」

イエもエロもテロも関係ねぇ

憂鬱なものとは関わりたくねぇ

黙ってここから動きたくない

すべてが無くなるまで

ブッ飛んでいたい         RCサクセション

すべてが無くなるまで

どうせなら黒く黒く

あたしの髪の毛より

黒く黒く

塗りつぶして

ちなみにこの歌はカバーですよ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »