« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月

強い子だあれ?

だあれ?

                  

ホントに寂しい人はだあれ?

                       

ホントに強い人はだあれ?

                     

アタシは何かを見落としていたのかな。

                           

ホントに弱かったのは

                          

ホントに寂しかったのは

                      

アタシは何かを間違えていたのかな。

                          

まったく逆だったのかな。

強さと弱さを履き違えてた?

                            

うーん。

                          

わからない。

                     

                        

馬鹿な頭でいくら考えてもわからない。

          

                   

答えは風の中か

                          

                        

それとももう吹き飛んだか

                            

                      

            本日のおうた

             「風に吹かれて」

どれだけ強くなれたら 安心できるの?

それだけ嘘をついたら 信用できるの?

いつまで傷つけ合ったら 仲良くできるの?

その答えは風の中さ

風が知ってるだけさ        RCサクセション

                                   

嘘をつきすぎた。

信用されたくてしたくて。

求めすぎた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

NOT ONLY

一日中、歩いてへとへとー

久々に楽しい疲労

                         

鎌倉ー

江ノ島ー

                            

鎌倉、リスいっぱい見れた。

                             

海大好き

花火大好き

                          

一人で見ても、二人で見ても、みんなで見ても

                          

綺麗。

                       

いつも同じ気持ちにさせてくれる。

自然相手だと悩みも迷いも関係なく素直に喜べる

あたしは健全だ。

                         

                          

最近、どう?と心配してくれる人

遊びに連れ出してくれる人

一緒に飲んでくれる人

話を聞いてくれる人

                          

身に染む、心に染む、喉に染む

                             

弱い。あたしは弱い。

弱いけど、弱いなりに

守りたいものがある。

伝えたいものがある。

願いがある。

                              

それは譲っちゃいけない

                          

誰かに合わせて

無理矢理、繕って

強くなろうとするぐらいなら

素直に弱いままでかまわない

                           

いつまでも心配かけてばっかでごめんね。

                            

最後にひとつ

                           

こんないい子はよそにいないよ

あたしもあなたも、よそにいないよ

                       

                     

             本日のおうた

            「ごはんができたよ」

義なる者の上にも

不義なる者の上にも

静かに夜は来る みんなの上に来る

いい人の上にも

悪い人の上にも

静かに夜は来る みんなの上に来る

                                   

つらいことばかりあるなら 帰って帰っておいで

泣きたいことばかりなら  帰って帰っておいで     矢野顕子

                                 

ちょっと矢野顕子マイブームきそうな予感。

誰に言われたいんだろう

誰に言ってあげたいんだろう

一人で力が足りないと思ったら

一緒に頑張るのはきっと弱いことではない

| | コメント (0) | トラックバック (0)

透明人間

何にもしたくないー。

何にもしたくないー。

何にもしたくないー。

                       

僕は透明人間になりたい。

                                

本当はそう願っているだけ。

                             

透けていたいのに

                             

そうじゃいられない自分がいる。

                           

誰かと向き合って

                                  

だんだんと

                                 

あたしが認識されるのが嫌なのだ。

                               

捕まれるのがこわいのだ。

                                      

その中で、あたしと言う人間が成り立つのがこわいのだ。

                                

生きているのに

                               

思い出のようになっていたい。

                            

そんな存在でいたいのに。

                          

映画、百万円と苦虫女見ました。

                               

なんか辛いところがいっぱいあったなあ。

                            

探したくないんです。自分。

                                

嫌でもここにいますから。

                                  

嫌でもここにいますから。

                                 

ここにいるのに見えないのはどうして。

                                  

自分で見えないのに

                             

見せられはしない

        本日のおうた

          「透明人間」 

僕は透明人間さ

もっと透けて居たい

本当はそう願っているだけ       東京事変

                                       

あたしもあなたも

願えば願うほど

透明人間から遠ざかって

どんどん色濃くなってしまうのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

悲しみブルー

ひどくショックだった一言がある

                 

「何も考えてないやつは嫌だよね。」

                       

そんな言葉をつきつけられて

                       

そーかそーか。

                         

人生決めたやつからは

そう見えるのか。

                          

何も考えてないように見えるのか。

                            

そんな風に思われてたのか。

                               

そこで何かがパキッと崩れてしまったのかもしれない。

                         

悔しいんだ。

                     

そして悔しいを通り越して悲しくて

                         

言いかえす言葉なんてなかった

                          

何かを決めて、まっすぐ進んでる人に

                               

返せる言葉なんてなかった。

                         

でも、確かに正しいのかもしれないけど

                            

素晴らしいし、そんな人たちが

                                 

うらやましくてしょうがないけれど

                               

何だかとてもしっくりこなかった

                                 

とても、とても悲しい気分だった。

                           

そんな風に他人を見られていたのかと思うと

                            

とても悲しい気分だった。

                        

何かを決めて迷わず進める人が

                               

考えている人なら

                                

あたしは何にも考えてない人になっちゃうんだ。

                               

その事実が悲しかった。

                            

でも、そっからも、似たような言葉を

聞くことが多くて

もっと悲しくなった。

                              

                                  

目標の決まらない

自分に自信がなくなっていった。

                               

                             

ヒトは選べるから素晴らしいんだ。

                            

                               

今すぐ何かを選べないよ。

                               

ヒト以下ってことなのかな。

                        

                         

                             

         本日のおうた

           「ポロメリア」

ここから走りだす 力が欲しい

小さく丸まって その合図をいつだって 待っていた

見上げれば 終わりをみたこともない

目眩を覚えるような空         Cocco

                                     

何だか、何だか上手く表現できないけど

大事なことが何か抜け落ちて

いるような気がするの。

ここんとこすごくもどかしい。

何か感情はあるのになかなか形にならない

悔しいの。それがとっても大切なことな気がするのに

まだ、伝える力が足りない自分がもどかしい

| | コメント (2) | トラックバック (0)

折り合い

折り合いがついていない。

生きてゆくための

頭では理解していても

心が

拒否する。

なんだこれ?

たぶん、

世の中にはこんな人がいっぱいいるんだな

いっぱいいて

折り合いをつけるために

何かしら表現方法を探すのだろう

そうしなければ

苦しくていてもたってもいられないんだろうなあ

                        

                         

                           

           本日のおうた

         「翼の折れたエンジェル」

そんな あいつのささやきにさえ

うなずけない 心がさみしいだけ

Ohhh・・・翼の折れたエンジェル

あたしも翼の折れたエンジェル

みんな 飛べないエンジェル      中村あゆみ

                               

辛くても

笑えば、神経も騙されて

楽しくなってくるって教えてもらったけど

なかなか強情なようだ

逆に涙が出そうになる。

こんな時、何かしら、書け。と思うあたり

まだいけんじゃねーかと思う。

たぶん、これで保っている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トンネル抜けた

昨日、目が覚めたら

                

あ、抜けた。

            

                

と思った。

       

              

一番下の無気力状態から

            

                

抜けた。

                 

                          

と感じた。

                         

                             

何にも変わってないけど

勘違いかもしれないけど、

まあ、そう思えただけ、

実際、昇ってるのかもしれん。

                            

                               

夏です。

                                 

くよくよしていたら勿体無い。

                                     

夏です。

                        

誰も愛していないかもしれません。

                               

                          

でも夏です。

                                  

                                   

夏、心底、愛しています。

                                      

                                         

24歳の夏。

                                     

                                    

くよくよしてても

うじうじしてても

                                       

一度しかないす。

                                 

                                   

24の夏も

ひたすら愛するだけです。

                           

                            

夏が終われば、すぐにまたひとつ年を重ねる。

                           

                            

                              

風が騒ぐ夜は

うちへ帰りたくないよ

                          

                         

君を叩きおこしにゆくよ

                        

                          

                            

目を覚ませよ

                                

                               

                              

来て来てーどんとさん!

夜更かしして待ってるー!!

                             

                            

              本日のおうた

            「Hey!Flower  Brother」

風の頼りもうわさもないし

どこへ消えた?星をひとつ残して

通りすぎてくみんなに聞いて

ほんの少しわかったこともある

HEY!FLOWER BROTHER

早くここにこいよ

HEY!FLOWER BROTHER

いつかどっかで会いたい     BO・GUMBOS

                               

うー

BO.・GUMBOS見たい!!

DVDが手元になくなってしまった。

夏!見なければー!!

常に夏いバンドですもの

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今夜だふ

愛してなんか居ない 

君は傲慢な人だ

            

                 

頭痛がする。

胃が気持ち悪い。

                    

                      

ぐるぐるぐるぐるぐる。

ぐるぐるぐるぐるぐる。

               

ここで誰かに頼ったら、同じだ。

繰り返しだ。

もう、それは出来ない。

                  

壊れるのは、もう、嫌だ。

失くすのも、もう嫌だ。

もう、あんな想い達はごめんだ。

                     

                    

ああ、でもぐるぐるぐるぐる。

ぐるぐるぐるぐる。

                    

                    

見ないで そんなに

君は大層な人だ

                   

                   

わかったから

君は大層な人で

あたしは駄目な人で

いいから

それでいいから

                        

                       

もう、勘弁してほしい

                    

                        

強い女なんて

あたしに求めてくんな

                    

                      

あたしに

何を期待してんだ

                   

                    

無言の期待ほど

厄介なものはないのに

                   

                       

どうして、それを

ここに向けてくるんだ。

                    

                       

愛してなんか居ない

                       

                        

誰も、愛してなんか居ない

                       

                        

言わせないで

                          

                          

ぐるぐるぐるぐる

ぐるぐるぐるぐる

                       

                      

君が思っているような

人間じゃあない

                  

                     

弱いだけだ

       

        本日のおうた

         「今夜だふ」

愛してなんか居ない

君は傲慢な人だ

僕は大分 嫌な顔しているのだろう

見ないで そんなに

君は大層な人だ

僕は大分 嫌悪感を抱いている       発育ステータス

                          

お腹が痛くても林檎は聞ける。

これ名言だね。

頭が痛くても、胃が痛くても

林檎は聞ける。

ぼろぼろ剥がれ落ちる。

ごめんなさい。嘘ばっかの人間で

ごめんなさい。自業自得なんです。

でも、もう、これ以上は無理です。

                                 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アンバランス

大人になると

生き方を覚え、

感情をコントロールできるようになったり

人にあわせられるようにするはずなのに

自分は逆行しているのではないのか

体だけは、歳だけはとるけど

どんどん、素直になる。

退行なのか?

このまま幼児のように戻り

そしたら、そこから

生まれ変われたりするのかな。

それともなくなるのかな。

                      

           本日のおうた

           「スラヴ  SLAV」

カイトよ 陽も出ないうちなんて 

一寸足りず飛べないまま

どうしよう 何もせずに

一寸先なら闇の中

それで どうしよう 何もせずに

一寸足らず飛べないまま            くるり

                               

で、それでどうしよう。

生まれ変われば足りる?

一寸先ではなく今が闇の中

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヒッピーに捧ぐ

自由でいたいんです。

                

もっと、もっと、あたしでいたいんです。

                   

いろんなことがかたっくるしいんです。

                 

でも、そのためには

                    

戦う覚悟がいるんです。

                   

負けない覚悟がいるんです。

                    

でも

                 

平和が好きなんです。

                   

戦いたくなんてありません。

                   

かと言ってかたっくるしさを受け入れられそうもありません。

                            

矛盾の海に溺れそうです。

                     

                      

もはや駄々をこねている子供と

同じです。

                        

                       

いやなものはいや

                       

そう言って泣き喚いていたい。

                         

そんで、自分の涙の海に溺れてしまえれば楽にもなれるか。

                          

                            

自然、愛、平和、自由、芸術

                     

そんなものを掲げて生きていた人達もいたのだ

                       

                         

どうやって、戦おう。

                   

                    

ただ、あたしらしくいるために。

                      

そのためだけに。

                       

                      

                         

          本日のおうた

          「ヒッピーに捧ぐ」

ぼくらは歌い出した 君に聞こえるように

声を張り上げて

空を引き裂いて 君がやってきて

ぼくらを救ってくれると言った        RCサクセション

                               

これは、実際の人をモデルにした歌らしい。

だんだん清志郎の歌のよさってのが

わかってくる。

清志朗のすごさってのがわかってくる。

その精神の強さってのがわかってくる。

とても素敵に戦ってる人だ。

弱すぎる。自分。

強くなりたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Rescue Me

あたしの魂はどこかに飛んでいってしまったのではないか?

                

ここにあるのは抜け殻じゃあないか?

               

               

抜け殻だ。

              

                

                  

もういいよって言って欲しい。

                   

そんなの我儘なのはわかっているけど

そんなの甘えだと思うけど

                   

                        

もう、いいからと言って欲しい。

                  

                   

誰かに言って欲しい。

                  

                  

そんなにはりきって生きなくても

そんなに一生懸命生きなくても

               

もういいから

              

                

おやすみって

                    

                   

言って

                   

                     

      本日のおうた

       「終わりなき旅」

時代は混乱し続け その代償を探す

人はつじつまを合わす様に 型にはまってく

誰の真似もすんな 君は君でいい

生きるためのレシピなんてないさ       Mr. Children

                          

何が自由な時代だ。全然自由じゃない。

何でもある。何にもない。

苦しい苦しい。

息がつまるよ。

みんなが迷っているよ。息がつまるよ。

あたしのままでいさせてくれよ。

もう、合わせるのは苦しいんだ。

どうすればあたしらしくいられるの。

えっと。どっちが本文かわかんなくなっちゃったね。                        

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ねえ、君、調子はどうだい

ねえ、君、調子はどうだい?

                

                    

織姫と彦星はベリーシャイなようで

                 

今年も雨かしら。

                   

雨の密会デートもおつなもんで。

              

                 

願いごと

              

願いごと

              

                

なんだろなあ?

                

                   

今のあたしの願い事。

            

              

元気ーって聞いて

                 

元気じゃないです。って

                    

応えてくれる声かな

                  

そんぐらいかな。

                   

                    

ねえ、君、調子はどうだい?

                      

                         

                          

      本日のおうた

    「ずっと穴を掘り続けている」

ねえ 君 調子はどうだい?

夜はよく眠れるかい?

時々君のことを思い出す

ひとりっきり どこか遠いところで

ずっとずっと穴を掘り続けている

何のための穴かわからずに   YO-KING

                                  

どこか遠いところへいって

思い出すのは誰のことなのだろうか?

わからない

ここじゃ、まだ近すぎるもの

逃げ出しても掘っている

何のための穴かわからずに

YO-KINGと話してみたいなー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スタート、の前に

はしってはしって

           

もう駄目だって時に

                  

かっと目が覚めたように

                  

元気になる。

                   

こんなんじゃくたばらない

                    

と底力が出てくる

                    

そうなるともうなんでも楽しいの

                      

でも楽しくなったらあっと言う間に終わってしまう

                         

そこにいくまでが長くて長くて

        

           

何に対してもそのようだ

             

一日が終わる前

                 

学校が終わる前

            

友情が終わる前

              

恋が終わる前

                   

                  

終わる前のその一瞬が一番楽しい。

                    

あらゆることから解放された瞬間が

                   

一番楽しい。

                  

何もかもいつかは終わる。

                

その前が一番楽しい。

                     

             

                

人生が終わるまで後どれくらい?

                       

その前が一番楽しいのかな。

                      

そんなの待ってたくないけどね。

                     

早く捕まえたいのに

                       

                       

そこにたどりつくまでが長いんです。

そこにたどりつくまでが長いんです。

                    

                     

終わらせるために走ってるんじゃないはずなのにね。

 

   

でも近頃やたらとそんな気分になるんだ

            

             

だから

走りだすのもこわいよ

                 

                       

       本日のおうた

         「1969」

あなたはあっけなく去っても レコードだけは温かくて

針を落として口づさむよ

蜃気楼のようなロックミュージック    

まるで1969

夢見続けたサマータイム

あの鼓動はここに無い    Superfiy

                          

兄が、かしてとも言わなくともかしてくれた。

自分の趣味よりあたしの趣味に近いことが

わかっているようです。

この曲がダントツで好きでした。

タイムリーすぎるな。

音楽だけはあたたかくて。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

無気力ファイヤー

タイトル、パクりました。すいません。

                  

でもなんかそんな気分だったので。

無気力なんです。

ってか疲れてるんです。

体ではなく心がもう

                           

心のお休みが欲しかった。

                          

                           

なんだか、人生の1クール終わったかんじがして

気が抜けてしまった。

                    

                     

気が抜けているのに、もう次に追われるのかと

思うと

どうしようもなくなってきた。

                     

                       

もうこれ以上、動かしたくなかった。

せかされることも、せかすことも限界が近かった。

                     

さすが母、よくお気づきで

ゆっくりしてりゃあだんだんいろいろやりたくなるよ

言ってくれました。

                          

                           

何かはじめる元気ももうなくて

考えても、

もう自分で自分に追い詰められるだけで

ただ心からっぽにしたかった。

川崎に戻ってきてよかった。

休めそう

                      

                     

映画「ぐるりのこと」を

母と見にいったけど

よかった。

リリー・フランキー。好きなんですよね。

                   

なんでもちゃんとしたいと思う奥さんが

子供を亡くしてから

精神を不安定にしてしまうんですけどね。

                         

そのときに

「ちゃんとしなくてもいいから」

リリー・フランキーが言うのだけどね。

                        

ああ、それだあー

その言葉だー

欲しかったのはその言葉だった。

                     

                      

強い人に憧れる

でも全然強くない。

                      

ちゃんとしてる人に憧れる

でもできない

                         

                         

あたしに強さを教えてください

あなたに弱さを教えるからね。

                     

                      

でも、強い人に弱さを教えることは

できなかったし

その必要もないのだと、わかった

                       

                  

取り戻したいの

             

闘争心。

                       

生きてゆくための

                     

闘争心。

                 

                   

でも今は眠らせておくれ

                   

                    

       本日のおうた

     「あの歌が思い出せなくて」

大好きだったあの歌も今じゃ 全く思い出せなくて

窮屈だった この部屋もまさか こんなに広く感じるよ

「君のこと 愛してる」 なんだか ちょっと 違うね

素敵な 歌は 消えてしまった    SOUTH  BOUND CLOVERS

                                      

やーレコ発お疲れ様ですね。待ってました。

この曲が一番好きね。

どんどん南に進んで欲しいものですね。

なんだかちょっと違ったね。

あたしは言われたとおり勝手にここで

花でも咲かすわ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »